アウトドア好き必見!わずか500g、ヘリノックスのチェアゼロを買ったら最高だった

みなさんキャンプは行かれていますか!?いよいよ夏も近づいてきて、もうすでにキャンプ行かれている方も多いかと思います。私も先日キャンプしてきました!

2年程前からでしょうか、ずっと気になっていたヘリノックスのチェアをついに最近購入したんですよ。そして先日のキャンプで初めてそのチェアを使ったら色々と最高だったので是非紹介させていただきたいと思います。

もしアウトドア用のチェアを悩んでいる方がいるならめちゃくちゃおすすめしたいチェアです。

ヘリノックスのチェアとは

Helinox(ヘリノックス)のチェアは、長年培った高い技術力や製品開発力を基盤に高いデザイン性と快適性を実現しています。リビングからキャンプ場までシーンを選ばず幅広いユーザーに支持され続けています。代表的な商品の「コンフォートチェア」「タクティカルチェア」はシンプルな構造でありながらも座面が吊り下げられているので、コンパクトチェアとは思えないほどの驚くような座り心地の良さを誇ります。頑丈な座面と超高力アルミフレームでキャンプからリビングまで、いつでもどこでもシーンを選ばず快適に使用でき、持ち運び時は驚くほどコンパクトに収納が可能です。

引用:チェアー (CHAIR) | Helinox(ヘリノックス)公式サイト

ヘリノックスのチェアとは上記で引用文の通り、高い機能性とデザイン性を兼ね備えた素晴らしいチェアなんです。正直なところ安くはないチェアですが、実際に購入し使ったことで費用対効果の高さを実感しました。

野外音楽フェスなんかに行くと、ヘリノックスのチェアを使っている方がとても多いです。私もタイコクラブでヘリノックスの存在を知りました。

ヘリノックスのチェアゼロを買いました

ヘリノックスのチェアゼロ

私が買ったのはヘリノックスのチェアゼロというチェアです。ヘリノックスには様々な種類のチェアがあります。公式ホームページのカテゴリー分けをみると8種類あるようです。一番使っているのをよく見るのはチェアワンだと思います。

わずか500g、ヘリノックスのチェアの中で一番軽い

チェアゼロを選んだ一番の理由は総重量が約500gと超軽量であることに惹かれたからです。製品の表記では本体重量は490g、ケースを含めると510gと超軽量、500mlペットボトル飲料と同じ重さのチェアなのです。500gと見ると、おおぉ軽いんだろうなと思うんですが体感的な軽さはさらに上なんですよ。

なぜ軽さを重視したかと言うと、とにかく持ち運ぶ負担を減らしたかったからです。今まではホームセンターで買ったワンタッチで広げられるチェアを使っていました。ワンタッチで広げられるチェアは組み立てが広げるだけで簡単な点はいいのですが、重いしたたんでも大きいので移動時の負担になっていました。キャンプって寝袋、テントなどなにかと荷物が多くて荷物を運びながらの移動ってなかなかの重労働ですよね。

「私、たたんだチェアとたたんだテントの大きさが同じくらいだなんてもう耐えられない…」そんな思いでついにヘリノックスのチェアゼロを買いました。

ヘリノックスのチェアゼロは超軽量コンパクトチェア

くどいようですが重さが500gと超軽量でヘリノックスのチェアの中でも一番軽いです。しかし魅力は重量だけではありません。そのコンパクトさも素晴らしいのです。収納時のサイズはなんと10×10×35(cm)と超コンパクト!

チェアゼロの収納時

収納時の画像です。左右共にチェアゼロです。カラー展開はブラックとグレーの2種類なので、妻と私でそれぞれ違うカラーにしました。

チェアゼロのケース

チェアゼロのケースにはヘリノックスのロゴとチェアゼロの名前が入っています。チェアゼロの収納ケースは軽さにステータスを振っているためか、他のヘリノックスのチェアと比べるとシンプルです。

ヘリノックスのロゴ

もちろんヘリノックスのタグがついています。

ヘリノックスのチェアゼロは組み立ても超簡単

ヘリノックスにチェアは組み立ても簡単なことが最高です。ただし広げるだけのワンタッチチェアには負けます。

ヘリノックスのチェアゼロのパーツはフレームとシートの2つに別れていて、組み立て方はフレームを組み立てて、シートをはめ込むだけです。フレームを組み立ててと書くとなんだか複雑なんじゃないかとイメージをした方もいるのではないでしょうか?そんな心配はいりませんヘリノックスのチェアゼロのフレームはゴムで繋がっているフレームを折りたたんでいるだけなのでフレームをつなぎ合わせるだけの簡単な作業だけですみます。1分もかかりません。

最後にシートを広げてフレームにはめ込むだけです。

チェアゼロのパーツ

上からシート、フレーム、説明書です。

シートにはチェアゼロの組み立て方が載っていますので、説明書を持ち歩く必要はありません。組み立ては超簡単なので一度組み立てることでもう忘れることはないでしょう。

チェアゼロのシート

こちらがシートの表です。ロゴがあるのが左下になります。説明は裏側に買いてあります。

シートのロゴのアップです。

チェアゼロのフレーム

フレームは内部でゴムで繋がっているのをたたんでいるだけなので、ゴムに引っ張られるままに組み立てるだけでフレームが完成します。とにかく簡単なんです。

フレームの完成形です。あとはここにシートをはめ込むだけです。ちなみにブラックのフレームがブルーで、グレーのフレームがイエローです。チェアゼロは2色展開のみです。

チェアゼロ

シートを組み付けて完成です!シートには穴が4つあってそこにフレームを差し込むだけです。

フレームをゴムバンドで固定

はじめフレームは輪ゴムで固定されていたのですが、劣化するのが不安だったので100均でゴムベルトを買いました。

シートのたたみ方

収納時はまず表を内側にしてシートをたたみます。

シートにたたんだフレームをのせる

たたんだシートの上にたたんでおいたフレームを乗せて、

巻いて収納

あとはクルクルと巻いてケースに入れます。収納も簡単です。

ヘリノックスのチェアゼロは座り心地も良い

チェアといえばやはり座り心地も重要ですよね。チェアゼロに興味を持った時に軽いけど座り心地は悪いのではないかという不安を持ちましたが、さすがのヘリノックスなんと座り心地も良いのです。体を包み込む座面とちょうど良い背もたれの傾斜が気に入っています。

チェアワンと比べると座り心地は落ちる

座り心地に関しては結構気になっていたので、実際に店舗でチェアワンと座り比べてきました。その結果、座り心地に関してはチェアワンの方が上だと感じました。

まず安定性でチェアワンの方が重量があるため、安定性があります。そしてシートの厚みもチェアワンの方があるので、座った時安心感があります。ここだけの話チェアゼロのシートは薄いので、初めて試しに座らせてもらったとき破れるんじゃないかと心配になりました。不安になる方もいるかもしれませんがチェアゼロの耐荷重は120kgとかなり高いのでご安心ください。

チェアワンとチェアゼロはほぼ同じ作りなのですが、座面の高さが数センチ違います。個人的には座り比べてみてとくに違いは感じませんでした。

チェアゼロの実物を見たいときはモンベルの店舗に行きましょう

ヘリノックスのチェアはモンベルで取り扱っていますので、実物を見たいときはモンベルの店舗に行きましょう。店舗によってはお目当の商品がないかもしれないので、電話で問い合わせていくと間違い無いと思います。

うちは座り心地に問題がないかが気になっていたので、実際に店舗に確認しに行きました。

ヘリノックスのチェアゼロはキャンプなどで荷物を減らしたい人におすすめ

まとめると、ヘリノックスのチェアゼロは500gで、超軽量かつコンパクトで、座り心地もよく、組み立ても簡単なチェアです。実際にキャンプで使って見てその使い勝手のよさに大満足しました。買ってよかった2018ノミネート確実です。

一番の強みが軽くてコンパクトなところなので、キャンプなどアウトドアでの荷物を少しでも軽くしたい。すくなくしたいといった方に一番おすすめなチェアだと思います。たとえばバイクでキャンプに行く方や、野外音楽フェスにバスや電車で行く方には最適なのではないでしょうか。

チェアゼロは結局インターネット通販で購入しました

モンベルで即購入するか迷ったのですが、ネット通販で購入することにしました。ちょうど1000円クーポンがあったので少し安く買うことができました。発送も迅速で助かりました。