森道市場の駐車場情報をまとめました【早めに準備しましょう】

こんにちは、おぐらです!
3月に入って少し暖かくなり、着実に春に向かっていることを嬉しく感じますが、世間では新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。

新型コロナウイルスの影響を受けてたくさんのライブやイベントなどが中止や延期となる事態となっていて、関係者や、楽しみにしていた方々は断腸の思いでしょう。
私は直近でイベントなどに遊びに行く予定はなかったのですが、5月には森道市場に遊びに行く予定なので、はやく終息してくれることを願うばかりです。

そんな森道市場には去年初めて遊びに行ったのですが大変素敵な催しでした。
生まれてから大体8ヶ月の子供も一緒でしたが子連れでも楽しめますよ。

今年も自動車で森道市場会場に向かう予定なので2月に駐車場のチケットを確保しました。
私は自動車で出かける時は駐車場を気にするタイプでして、さらに子連れなこともあって慎重になり去年は森道市場の駐車場について詳しく調べました。

せっかくなのでブログの記事としてみなさんにも共有しておこうかと思ったのが、この記事を書くきっかけです。
この記事では森道市場の駐車場についてお話しています。

実際に利用した駐車場や道中の情報などもありますので、森道市場に初めて行く方は是非最後まで見ていってくださいね。

森道市場の駐車場チケットは売り切れるのが早い

重要なので先にお話しますと、森道市場の駐車場チケット及び、駐車場付き入場券は売り切れるのが早いので、森道市場に自動車で遊びに行こうと思っている方は、なによりまず駐車場のチケットの確保を優先すべきです。
一般入場券は5月に入っても購入できますが、駐車場のチケットは発売後すぐに売り切れてしまうので、開催日ギリギリに手に入れることは難しいからです。

例えば我が家の場合、2020年の森道市場の駐車場を確保するため、遅くとも2019年の後半から駐車場のチケット発売日をチェックして、発売日には買える準備をしておきます。
チケットの発売日は公式の情報を定期的にチェックしています。

駐車場チケットの購入方法は2種類

  • 森道市場公式
  • ローソンチケット

駐車場チケットの購入方法は2種類あり、個人的にはローソンチケットのほうが使いやすいかなと思います。

まず支払い方法ですが、公式は銀行振込のみ、ローソンチケットはローソンかミニストップで支払うため、クレジットカードや現金で支払うことができます。
発券方法に関しては、公式が郵送、ローソンチケットは支払い時に発券となります。

公式は銀行振込の手数料、ローソンチケットは発券手数料がかかるので、最終的な価格には差が出ます。
ネット銀行などで振込手数料を支払わずに振り込みできる方は公式のほうが安くなるのではないかと思います。

森道市場の駐車場の種類は7種類

森道市場の公式で説明のある駐車場は7種類あります。
我が家の場合、昨年は臨時駐車場Bを利用して今年も臨時駐車場Bのチケットを確保しました。

  • 専用駐車場A(キャンプサイト専用)
  • 専用駐車場B / フェスティバルマーケット駐車場南(キャンプサイト専用)
  • 専用駐車場B / ラグナシア(キャンプサイト、デイキャンプ、VIP ZONE・LOUNGE専用)
  • 臨時駐車場A(※予定)
  • 臨時駐車場B
  • 臨時駐車場C
  • フェスティバルマーケット駐車場

専用駐車場A(キャンプサイト専用)

キャンプサイトを利用する人専用の駐車場で、海側の会場に隣接しています。
会場に隣接しているのが最大の魅力ですが、キャンプサイトを利用する人専用の駐車場かつ、3日通し券しかないので、土曜日だけ、日曜日だけみたいな買い方はできません。

さらに駐車場のチケットだけでは買うことができず、必ず入場券とセットで買わなければなりません。
「専用」と名前がついているだけあって、キャンプサイトを利用して3日間通しで参加する人のための駐車場チケットですね。

その他にキャンプサイト券も一緒に買う必要があったり、夜間の出庫はできないなどの制約があるので、事前に確認しておきましょう。

専用駐車場B / フェスティバルマーケット駐車場南

フェスティバルマーケットに隣接しているのでそれなりに近い駐車場です。
専用駐車場とあるとおり、専用駐車場Aと同じくキャンプサイトを利用する人のための駐車場です。

専用駐車場Aと違うところは駐車場の位置と、3日と2日通しの2種類があることですね。
キャンプサイトを利用したことありませんが、専用駐車場A、Bともにあまり大きくないので、競争率高そうです。

専用駐車場B / ラグナシア

ラグーナテンボスの北側に位置する駐車場で、おそらくラグーナテンボスの正式な駐車場にあたる駐車場でだと思います。
専用駐車場Bで2つ別れているため紛らわしくなっている気がしますが、こちらの専用駐車場Bはキャンプサイト・デイキャンプサイト・VIP ZONE・LOUNGE BBQサイトを利用する人専用の駐車場なので、利用しない人には買えません。

上述した専用駐車場Bと同じく3日か2日通し券から選択できます。
専用駐車場券の単品での販売はなく、キャンプサイト、デイキャンプサイト、VIP ZONELOUNGE BBQサイト券とセットで買わないといけません。

臨時駐車場A

会場から東に少し離れたところにあるのが臨時駐車場Aで、Googleマップの経路検索によると徒歩15分~20分と歩くことも無理ではない距離ですね。
臨時駐車場Aからは会場に近くまで無料のシャトルバスが出ているので、歩くのが辛い方はシャトルバスを利用しましょう。

実際に利用したことはないのですが、シャトルバス利用者が多そうなので待ち時間を考慮すると、歩いてもシャトルバスでも結果としてかかる時間は同じくらいになるのではないかと予想しています。
会場まで歩くこともフェスの楽しみの一つと前向きに考えることもできます。

臨時駐車場Aの駐車チケットは1日2,200円です。

 臨時駐車場B

臨時駐車場の中で一番会場に近い駐車場です。
公式ページで作成していただいているGoogleマップでは変なホテルにピンが立っていますが実際には変なホテルの西隣にある公園のような広場に駐車します。

なにより会場に近いことが強みですが、駐車場の敷地が広いので、臨時駐車場Bの入り口近くに駐車するのと端っこに駐車するのでは結構な差がでます。
また地面は整備されておらず、草が生い茂っているので洋服や自動車内に草が入りやすいので要注意です。

会場に近く人気が高いのか価格は1日2,750円と臨時駐車場の中で一番高額です。

臨時駐車場C【蒲郡駅近く】

JR蒲郡駅から徒歩5分の駐車場で森道市場会場からは結構な距離があります。
そのため駐車場からは蒲郡駅まで移動し、有料シャトルバスにのって会場に向かうルートになります。

個人的に臨時駐車場Cについては会場までの距離が遠いので、自動車で行くメリットがあまり得られないなと感じています。
臨時駐車場Cを実際に利用したことはないのですが、他の駐車場のチケットと比較して遅い時期でもチケットを買うことができました。

※一昨年は臨時駐車場Cのチケットを確保していましたが、諸事情により遊びに行くことができなかったのでお譲りしました。
一昨年の話なので状況は変わっているかもしれません。

臨時駐車場Cの駐車チケットの料金は1日1,100円と駐車場の中で一番安価です。

フェスティバルマーケット駐車場

ラグーナテンボス内フェスティバルマーケットの駐車場を時間貸しで利用する方法で、チケットなしで利用できます。
ただし森道市場公式では4時間以上の駐車で5000円と書いてあるのでかなり割高かと思います。

フェスティバルマーケットの駐車料金を確認すると100円(20分)とあるので森道市場当日は料金体系が変わるのでしょう。
短時間だけ遊びに行くには便利かもしれませんが4時間未満の場合の料金はわからないので問い合わせ必須ですね。

駐車場までの道中は渋滞にも注意

私は名古屋から森道市場の会場に向かうので東名高速を利用します。
音羽蒲郡ICを降りたあとは下道で会場を目指しますが、一部非常に渋滞しますので、時間に余裕をもって向かうことをオススメします。

ルートとしては音羽蒲郡インターを降りたあと、三河湾オレンジロードで山を超えるのですが、この三河湾オレンジロードのスタート地点から国道23号線の蒲郡ICぐらいまでずっと断続的に渋滞でした。
時間によって違いはありそうですが、去年の渋滞は酷かったです。

森道市場の駐車場は早めに準備しましょう

長々と話してきましたが、森道市場の駐車場の数には限りがあり、駐車場チケット発売日からすぐに売り切れてしまう可能性が高いです。
そのため、必要な駐車場のチケットはどれなのか、いつ発売するのかなど、事前に確認しておきましょう。

森道市場に自動車で遊びにいこうと思っていても駐車場を確保できずにあきらめるというのはあまりにも悲しいので、しっかりと準備して楽しめるようにしておきましょう。
今年はイベント、ライブの中止、延期が相次いでいて今後どうなっていくかわかりませんが、開催されることを楽しみに過ごしたいと思います。

森道市場の会場であるラグーナテンボスはテーマパークとしてもとても楽しいところなので、家族でのお出かけにもオススメです。
個人的には夏のプールが気になっています。