エックスサーバーの独自SSLの無料提供を利用してブログを常時SSL化しました。

アクセスされて気づいた方もいらっしゃる方がいるかもしれませんが、このブログを常時SSL化対応を行いました。エックスサーバーでは2016年6月30日以降全サーバープランを対象にドメイン認証型SSL証明書「Let’s Encrypt」を無料・無制限に設定できる機能が提供されていおり、当ブログもこの機能を使ってSSL化対応を行いました。

SSL化に伴いGoogle Chromeで見ると下のように表示されていると思います。全ページhttpからhttpsに変わりました。

ssl化しました

Google Chromeの最新バージョンではSSLではないサイトは下のように!が表示されクリックするとこのサイトは保護されていませんと表示されます。

SSL化していない表示

今回エックスサーバーでは、サーバーパネルからの簡単な操作のみで
ドメイン認証型SSL証明書「Let’s Encrypt」を無料・無制限に設定できる機能を追加いたしました。

引用:レンタルサーバー【エックスサーバー】全サーバープランで独自SSLが無料・無制限に利用可能に!「独自SSL」機能の強化のお知らせ

SSLとは

SSLとはSecure Sockets Layerの略で、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのことです。

SSLはTSLに名称を変えています

SSLについて調べるとSSL/TLSという表記をしているところがありますが、実はSSLはバージョンアップを重ねた後にTLS(Transport Layer Security)に名称を変更しています。SSLの方が認知度が高いためSSLという表記をしているみたいです。



なぜSSL化したか

Webページの表示速度の向上

高速な通信を実現するHTTP/2という仕組みがあるのですが、このHTTP/2に対応するにはサイトのSSL化が必要になります。

セキュリティ面の強化

SSL化にはデータを暗号化することでセキュリティ面を強化できるメリットがあります。当サイトではフォームもありませんし個人情報を取り扱うわけではないのですが、SSL化していればサイトの信頼性を高めることができるのでそれだけでも価値がありますね。

これから標準化されていくから

上記の内容やGoogleが推奨していることや各ブラウザでの表示形式などから、これからはサイトのSSL化はあたりまえになっていくと考えられるからです。これまでは費用面で導入しにくいものでしたが、レンタルサーバーで無料で提供されるようになってきたのでかなりSSL化しやすくなりました。

エックスサーバーでwordpressをSSL化する方法

寝ログさんの記事でエックスサーバーでのwordpressをSSL化する手順がわかりやすく書かれています。私も同じ方法でSSL化を行いました。

参考サイト:WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

私はバックアップに関してはプラグインを使わずにエックスサーバーのサーバーコンパネから直接エクスポートしました。あと一応wordpressのエクスポート機能で全てのコンテンツのバックアップもとっておきました。このブログはまだ記事数も少ないので総作業時間は2時間もかかりませんでした。

これからサイトをつくるならSSL化しましょう

ここまでSSL化について書いてきましたが、今後標準的なものとなってくると考えられますので、これからブログなどサイトを作るときはSSL化をおすすめします。エックスサーバーでwordpress使ってブログ作成するなら最初からSSL化しておきましょう。もしwordpressでブログはじめたいけどレンタルサーバーで悩んでいるならエックスサーバーはおすすめです。特徴としては、高コストパフォーマンス、マルチドメイン、メールアドレス無制限、サポート24時間365日対応などがあります。