アシックスのファーストシューズを使え終えての感想【ファブレがオススメ】

こんにちはおぐらです!
寒い日が続きますがみなさん調子はいかがでしょうか。

私は年末年始の不節制が原因で崩した体調を調整中です。
今年は野菜をたくさん食べることと、適度な運動をする習慣をつけられるようにしていきたいと思います。

新年と言えば福袋のイメージがありますが、みなさんもうお買い初めはもう済ませましたか?
うちのお買い初めは子供のセカンドシューズでした!

セカンドシューズを買ったということでお察しの方もいるかもしれませんが、ファーストシューズを使い終えましたということで今回はアシックスのファーストシューズをレビューをしていきたいと思います。

アシックスのファーストシューズの口コミ、レビューを探している
アシックスのファーストシューズのオススメが知りたい

この記事はそんな方にオススメです!
ではさっそくまいりましょう。

 

アシックスのファーストシューズを使い終えました

サイズアウトしたため、1歳の誕生日に買ってから2ヶ月と少しで、アシックスのファーストシューズを使い終えました。
サイズが合わなくなっていることに気づくのが遅くなってしまい、子供に申し訳ないと同時に、子供の足の成長の早さを実感しました。

サイズアウトしてサイズが合わなくなったせいか、シューズを履きたがらなくなったり、歩くのを嫌がったりすることがありました。
このような行動が見られる場合はシューズがサイズアウトしているかもしれません。

 

 

アシックスのスクスクファースト

アシックスでは最初のよちよち歩きから3ヶ月の期間を対象とした、「スクスクファースト」シリーズを販売しています。
「スクスクシリーズ」は、はだしで歩く感覚を目指し、実際に歩き始めの赤ちゃんを研究してつくられたシューズです。

屈曲性を高めるためにミッドソールを使っていなかったり、デリケートな肌に配慮して縫い目段差を少なくしたり、肌に優しい素材を使ったりとところどころにこだわりを感じるシューズで、11.5〜13.5cmのサイズ展開です。
モンテッソーリ教育でもはだしで歩くことを重要視していたので、はだしで歩くことはとても大事であることがわかりますね。

 

アシックスのファーストシューズの魅力

ここからは実際にアシックスのファーストシューズを使い終えて感じた魅力などお話したいと思います。
さすがに1歳の子供にはき心地の感想を聞き出すことはできないので、親目線の感想になりますが、ファーストシューズの候補としてアシックスを考えている方の参考になればと思います。

結果としてうちの子供は外で歩くことが大好きになりました。
本質的には外に遊びに行くことが楽しいということなのかもしれませんが、シューズを履けば外に行ける、歩けるとわかり、玄関に行って自分のシューズを持ってきては履かせてくれとアピールしてくるのです。

私は子供が自分のシューズをわかっている、シューズを履くイコール外に行くがわかっているということにとても驚きました。
それだけ子供に大きな影響を与えた体験だったんですね。

子供が外で歩くことが好きなれたのも、あぶなげなよちよち歩きの時からしっかりと支えてくれたファーストシューズのおかげだと思っていて、アシックスのファーストシューズは子供にとっても満足できるものだと考えています。

初めてファーストシューズを履いた時も抵抗はなく、素足の時と同じように歩いていました。
歩けるのにファーストシューズを履くと歩かない、嫌がるなどの事例もあると聞いたことがあるのですが、なんの心配もいりませんでした。

つまずきにくい

つまづかなければこけることは少なくなります。
段差などでつまづくことは日常茶飯事ですが、何もないところでファーストシューズが原因でつまづくようなことはなかったと思います。

地面がアスファルトだったりすると転んだときに危ないので、靴が原因で転ぶことがなかったのは非常に助かりました。
つまずきにくい=歩きやすいとも言えるのではないでしょうか。

スクスクファーストではつまづきを少なくするためにつま先部分を巻き上げ形状を採用しているそうです。
さすがはアシックスさん、子供の歩行を研究しているだけはあります。

 

 

履かせやすい

まだ一人で靴を履くことはできないので、靴は親が履かせることになるのですが、とても履かせやすいです。
シュータンが大きく開くので、つま先を入れる、かかとを入れるの2ステップで簡単に履かせることができます。

基本的に靴を履かせているときも動こうとしてくるので、履かせやすさは重要です。
うちの子は靴大好きなので自ら足を出してくるのですが、そこから停止しているわけではないので、座らせたままだったり、抱っこしながらだったり履かせ方は様々です。

自立していない状態で履かせるとしっかりと履けていないことがあるので、履かせたあとは自立させてかかと入っているかと、マジックテープを締めなおします。
はじめのうちは履かせたと思っていたらかかとが全く入っていなくて即脱げるなんてことがよくありました。

履かせやすいは脱がしやすいでもあります。
帰宅したらすぐ脱がせられるのも魅力的でした。

 

 

ファブレにはカワイイ花柄デザインがある

ファーストシューズを決めるにあたりデザインも重視していました。
親の自己満足ではありますが、初めての記念の靴だし、写真にも残せるので子供が大きくなった時こんなにもカワイイ靴を履いていたことを見せてあげたいからです。

アシックスのスクスクファーストシューズの「ファブレ」にはカワイイ子花柄のデザインが展開されており、なかなか他にはないデザインかつ(親の)好みだったので買いました。
子花柄の主張が強くてコーディネートしにくいかなと思っていたのですが、そこまで影響はなく、逆にアクセントにもなる場合があってファブレの子花柄を選んで正解だったなと思っています。

私の周りでもファブレの子花柄を買われているところが多かったです。
アシックスのスクスクファーストシリーズがキッズデザイン賞を受賞しているのにも納得がいきますね。

 

 

アシックスのファーストシューズは子供の歩きを支えてくれます

結果として、アシックスのファーストシューズによってうちの子供もそして親もいい体験ができました。
2足目にはファーストシューズを買わないので、他のファーストシューズとの比較はできませんが、アシックスのファーストシューズは子供の初めての歩きを支えてくれるでしょう。

アシックスは子供のみならず長年第一線でシューズを作ってきている企業ですので、品質も信頼できます。
ファーストシューズ選びに悩んでいる方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

ファーストシューズ選びは悩むことも多いかと思いますが、悩んだ時間もいい思い出になると思います。
この記事が素敵なファーストシューズ選びの一助となれば幸いです。

 

 

セカンドシューズはニューバランスの「IZ996CPK」

今回子供のセカンドシューズとして買ったのはニューバランスのIZ996CPKです。
実は引き続きアシックスのシューズを買おうと思っていたのですが、サイズの兼ね合いでニューバランスを選択しました。

この記事では詳しく紹介しませんが、また3ヶ月もすれば買い替えになるので改めてレビュー記事を作ります!

 

 

スクスクファーストシューズ「ファブレ®FIRST CT 3」

最後になりますが改めてアシックスのオススメファーストシューズの紹介です。
うちの選んだファーストシューズはスクスクファーストシューズの「ファブレ」という種類のピンクです。

オススメの理由は魅力の項目でお伝えしたとおりですが、なかでも引かれたのは他にはない子花柄の可愛いデザインです。
主張しすぎない子花柄と、バランスのとれた配色が赤ちゃんらしさを際立てていて、まさにファーストシューズにうってつけだと感じました。

買うまでは子花柄は洋服と合わせにくいと思っていましたが、柄物を着ていても全体的にみると主張しすぎず、バランスが取れていましたし、無地系のコーディネートの場合はアクセントとして使えるので汎用性が高いです。