なるべく楽に短い時間で腹筋を鍛えたい!体幹トレーニング入門

転職してからあきらかに筋肉が落ちてしまいました。立ち仕事からデスクワークへ変わったためです。このままではいけないと感じ、とりあえず腹筋を鍛えることにしました。

理想の鍛え方を考えました

腹筋を鍛える方法はたくさんありますが、どこでもできる、回数少なくても効果ある、あまり動かなくてもい鍛え方が私の理想です。そんな理想の鍛え方をGoogleで探します。そこでプランクトレーニングを発見しました。フロントブリッジとも呼ばれるそうです。8月くらいから続けています。

プランク(フロントブリッジ)とは

プランクとは体幹トレーニングとして有名なトレーニング方法です。名前を知らないだけで見たら「これか〜」ってなるやつだと思います。プランクトレーニングの方法は下記の動画をはじめインターネットで腐る程でてくるので方法は書きません。

プランクは費用対効果が高く理想的な方法

なぜプランクを選んだかというと、私の理想的な方法かつ費用対効果が高いからです。

場所を選ばない

まずこれは重要です、家のリビングでできます。ジムに行く必要がなくコストがかかりません、旅行先のホテルでもできます。私はいつも家のリビングでやってます!

専用の道具はいらない

道具を買うコストがかかりません。筋トレマシーンって結局使わなくて部屋の片隅で置物と化すイメージがあるので、そういった状態になることも防げます。なによりはじめやすいですね。

あまり動かない

あまり動かなくて良いのはかなりの魅力でした。腹筋トレーニングって体をを何度も何度も起こしたり倒したりするじゃないですか、あれが辛くなってくるんです。それに比べてプランクは最初に体を持ち上げたあとは耐えるのみです。耐えなければいけないのですが、体を動かしていない分、個人的には楽に感じます。

1日の回数少ない、時間も短い

インターネットの調査によると1日30秒〜60秒を3セットでインターバルに30秒必要とあります。ということは回数は1日に3回で、時間は最短で2分30秒、少ない!短い!なんて効率的なのでしょうか。

30秒でもかなりきつい

プランクはじめてみて、プランクがかなりきついことがわかりました。はじめて間もない頃、プランクした次の日は腹筋が痙攣していました。未だに60秒は無理だと思います。

プランクには呼吸も大事

最近知ったのですがプランクには呼吸も大事で、意識して呼吸することで効果をあげることができるそうです。今後は呼吸も意識していきます。

以上最近続けているプランクトレーニングの話でした。なるべく楽して効率よく鍛えられるよう今後も続けていきます。