引っ越ししたので個人で自動車の住所変更をしました。

先日個人で自動車の住所変更をしてきました。無事に住所変更ができましたが、個人で住所を変更する場合は必要な書類もありしっかりと準備する必要があるためまとめておきます。

今回は個人で住所変更を行う場合の方法となります。ただし所有者と使用者が異なる場合は必要な種類が異なりますので別途ご確認ください。ディーラー等で購入している場合はお店が住所変更してくれます。所有者と使用者が同じ自動車の住所変更を個人で行う場合の方法です。

自動車の住所変更は必ずしましょう

住所変更がある場合は必ず自動車の住所変更も必要です。なぜなら自動車の住所変更は道路運送車で義務付けられているからです。道路運送車両法の第十二条には下記のように定められています。

自動車の所有者は、登録されている型式、車台番号、原動機の型式、所有者の氏名若しくは名称若しくは住所又は使用の本拠の位置に変更があつたときは、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。

道路運送車両法

自動車の住所変更に必要な書類

まずは自動車の住所変更に必要な書類を集めます。必要な書類は下記の通りです。

  1. 住民票
  2. 委任状
  3. 車検証
  4. 車庫証明書
  5. 手数料納付書
  6. 自動車税・自動車取得税申告書
  7. 申請書

5〜7は住所変更申請当日に、住所変更を行う陸運局(運輸支局)にて用意します。ですので他の1〜4について説明します。

1、住民票

住民票をゲットしてくるだけなので簡単ですが、注意点が3つあります。

  • 発行から3ヶ月以内であること
  • 車検証記載の住所が記載されており、現住所までの繋がりがわかる必要がある
  • マイナンバーの記載がないもの

車検証記載の住所から複数回変更している方は除票等が必要になります。

2、委任状

本人が申請に行く場合は不要です。私は申請を妻にお願いしたので委任状を用意しました。委任状は下記リンクからPDFをダウンロードして印刷してください。住所変更の場合印鑑は認印で大丈夫です。また委任状には申請内容を記入する必要があります。住所変更の場合は変更登録と記入します。

委任状のダウンロード先はこちら

3、車検証

車検証の原本が必要です。自動車の中に入ってるはずなので持っていきましょう。住所変更申請が完了すると新しく車検証が発行されます。

4、車庫証明書

これが一番の取得に時間がかかる書類です。警察署で車庫証明書を申請してゲットする必要があります。この車庫証明書の申請にも複数の書類が必要となります。車庫証明書の申請については別記事でまとめる予定です。

陸運局(運輸支局)で住所変更の申請をします

自動車の住所変更は自動車のナンバーを管轄している陸運局(運輸支局)で行います。例えば名古屋ナンバーの場合だと、名古屋ナンバーを管轄している名古屋陸運局(愛知運輸支局)で申請します。

平日しか申請できません

陸運局(運輸支局)は平日しか営業していないので申請は平日に限られます。当初私はフレックス勤務なので調整して行こうかと思っていたのですが、時間もかかるとのことで妻が代理で行ってくれることになりました。(妻よありがとう)

登録受付時間に注意

登録受付時間にも注意してください。例えば名古屋運輸支局の住所変更等登録の受付時間は、午前8:45〜11:45、午後13:00〜16:00と午前と午後で3時間ずつしかありません。また陸運局(運輸支局)は混雑するそうなので、時間は余裕を持っていくことをおすすめします。実際に申請しにいってくれた妻からも混雑していたと聞いています。

自動車の住所変更のまとめ

  • 自動車の住所変更は法律で義務付けらている
  • 自動車の住所変更は管轄の陸運局(運輸支局)で申請する
  • 自動車の住所変更には複数の書類が必要である
  • 陸運局(運輸支局)の受付時間や営業日が限られる、また混雑するため申請は計画的に余裕を持って行うとよい

以上自動車の住所変更を経験して思った以上に大変だったので今後のためにまとめました。無事に住所変更できてよかったです〜

参考サイト

住所変更の必要書類 | 自動車の住所変更

自動車の住所変更手続き方法『イラストかんたん解説』