windows10でnodistを使ったNode.jsのインストール、バージョン管理

windows10(64bit)でnodistを使ってNode.jsのインストールとバージョン管理をする方法の備忘録です。

nodistとnodistを使う理由

nodistとは

https://github.com/marcelklehr/nodist

windows用のNode.jsのパッケージマネージャーでcmd、Powershell、Git bash、Cygwinをサポートしている。使いたいNode.jsのバージョンをインストールしていつでも切り替えることができます。

nodistを使う理由

Node.jsのバージョンを切り替えて使用するためにnodistを使う

Node.jsは公式ページからインストーラーを落としてくればインストールできるが使えるがバージョンは固定となる。バNode.jsを更新する手間を省くためにnodistを使用します。

nodistをインストールする

nodistはインストーラーかchocolateyを使用してインストールします。Node.jsがインストールされている場合アンインストールが必要です。今回はインストーラーでnodistをインストールします。

インストーラーでのインストール

https://github.com/marcelklehr/nodist/releases

上記リリースページからインストーラーをダウンロードしてインストールします。最新版のv0.8.8をインストーラーをダウンロードする場合はNodistSetup-v0.8.8.exeをクリックしてインストーラーをダウンロードします。

nodistインストールの確認

コマンドプロンプトでnodistが使用できるかを確認する。

nodist -v

nodistのバージョンが表示されたらnodistのインストール完了です。

nodistを使ってnode.jsをインストールする

nodistが使えるようになったのでnodistを使ってNode.jsをインストールします。

インストールできるnode.jsのバージョンを確認

nodistでインストール可能なNode.jsのバージョンを確認します。

nodist dist

上記コマンドでインストール可能なNode.jsのバージョンがズラリと表示されます。インストールするバージョンを決めます。

任意のバージョンのnode.jsをインストールする

今回は2017年9月18日現在の推奨版であるv6.11.3をインストールします。

nodist + v6.11.3

インストールしたNode.jsを使用する

インストールしたNode.jsを使用できるように設定する必要があります。インストールだけでは使えないのでご注意ください。

nodist v6.11.3

Node.jsが使用できるかの確認をする

Node.jsを使用できるか確認します。

node -v

これで今回だとv6.11.3とNode.jsのバージョンが表示されれば無事にNode.jsが使用できます。

他のバージョンのNode.jsを使用する

他のバージョンに切り替えたい場合、使いたいバージョンをインストールしていないならインストールから、インストールしてあるならバージョンを切り替えるだけです。切り替えに使用するコマンドは限らていて簡単にNode.jsのバージョン管理ができます。

インストール済みのバージョンを確認する

nodist ls

上記コマンドでインストール済みのバージョン確認ができます。