A型?B型?ベビーカーを選ぶ時に知っておくと便利な安全基準

チャイルドシートに引き続きベビーカーについてです。ベビーカーも先に用意する方多いのではないでしょうか?

そんなベビーカーを調べているとA型、B型という種類が決まってでてきます。A型、B型とはなんなのか、また違いはなんなのかわからなかったため調べてみることにしました。

ベビーカーのA型、B型の分類は安全基準の中の種類

結論から先に書くとベビーカーのA型、B型の分類はSG基準という安全基準のなかで定められている種類です。A型はこう、B型はこうといった感じで安全の規格が定められているということです。

ベビーカーのSG基準

SG基準は製品の安全を認証する制度

SG基準は一般財団法人製品安全協会が主体となって運用している安全の基準で、認証された製品にはSGマークを貼ることができます。SGマークは誰しも一度はみたことがあるのではないでしょうか。SGはSafe Goods(安全な製品)の頭文字からきているそうです。ベビーカーに限らず製品が安全か判断する際に知っておくと便利ですね。

SG基準の対象商品の中には乳幼児用製品があり、その中でベビーカーの安全基準が定められています。たとえばアップリカのベビーカーのページにもSGマークの画像が表示されています。アップリカのベビーカーオプティアはSG基準のA型に合格しSG基準に認証されている製品であることがわかりますね。

オプティア プレミアム

ベビーカーの SG基準A型とは

SG基準におけるベビーカーのA型とは1ヶ月または4ヶ月から最長48ヶ月まで使用できるベビーカーのことです。子供が生まれて1ヶ月以降から使いたいならA型を一択になりますね。

首がすわる前の赤ちゃんにも使えるようにリクライニングで寝ているのに近い状態にしたりできるみたいです。

4ヶ月からともあるので、1ヶ月から使いたいという方は念のため1ヶ月からでも使えるかどうか確認した方がよさそうですね。

AB型はA型に統合された

以前はAB型という種類がありましたが、SG基準の改定によりA型に含まれるようになったそうです。現状SG基準のベビーカーの分類はA型とB型のみです。

webでベビーカーについて調べているとたまにAB型を見かけて困惑していたのですが、AB型は情報として古いということがわかりました。

ベビーカーのSG基準B型とは

つづいてSG基準におけるベビーカーのB型です。B型とは7ヶ月から最長48ヶ月まで使うことのできるベビーカーです。A型より使い始める時期が遅くなります。ベビーカーは7ヶ月以降でいいやという方はB型ベビーカーを選べばいいわけですね。

B型はA型に比べると安価

ベビーカーはA型を買います

A型、B型の違いを知った上でA型のベビーカーを買うことにしました。理由としては子供が生まれて1ヶ月以降から使う予定だからです。

正直なところ子育ては初めてなので何ヶ月からベビーカーを使うか全くわかりません。そんな中で可能性として生まれてから7ヶ月までに使うことがありそうなので、A型のベビーカーを買うことにします。

A型で絞るだけでベビーカーを選びやすくなる

チャイルドシートもベビーカーも同じで、お店やwebで製品をみるとメーカーも製品数も多くてどれにしたらいいの状態になってしまいます。

しかしA型を買うと決めるだけでもかなり絞り込めるのでベビーカー選びがぐっと楽になりました。ベビーカー選びはまずA型にするかB型にするかを決めることをおすすめします。

といってもA型ベビーカーの中から選択する作業があるのでまだ全然終わりません。

SG基準上ベビーカーのA型、B型の違いは使い始める月齢が違うだけ

SG基準を確認するとA型、B型の違いは使い始めることのできる月齢が早いか遅いかのみでした。基準内での違いはシンプルですが、製品としてはA型とB型で結構違いが多いようです。

製品としてのA型とB型の違い

例えば価格をみるとA型はリクライニング機能や対面、背面切り替え機能など豊富な機能があるためB型と比べて高価になっています。

また機能が豊富なA型はB型と比べてコンパクト性も低くなっています。基準上はシンプルな分け方ですが、製品としては結構差が出ますね。

ベビーカーのA型、B型は使い始める時期で選ぶ

ベビーカーのA型とB型はSG基準という安全基準の中で分けられている種類で、A型は1ヶ月または4ヶ月、B型は7ヶ月から使うことができます。またどちらも最長で48ヶ月まで使うことができます。SG基準の種類上の違いは対象月齢が早いか遅いかなのでベビーカーを使う予定でA型かB型かを選択しましょう。

使用期限に関しては最長で48ヶ月までというだけなので、製品によっては例えば1ヶ月〜36ヶ月なんてこともあります。また製品ごとに体重の上限もありますので気になるベビーカーをみつけたら必ず対象の月齢と体重を確認することをおすすめします。

チャイルドシートも決まりそうなので、この勢いでベビーカーも決めてしまいたいと思います。