ルンバだけじゃない!2万円台からはじめるロボット掃除機のある生活

こんにちは。今回はこのブログではめずらしい家電の話で、我が家は7月ついにロボット掃除機を買いました‼︎ついにです…

以前から妻とはたまにロボット掃除機について話すことがあり、お互い買いたいという気持ちもありましたが、実際に買うところまではたどり着くことがありませんでした。

1番の理由は予算で、ロボット掃除機といえばまずルンバを想像する方が多いのではないでしょうか。我が家はロボット掃除機=ルンバと考えていました。ルンバは下位モデルでも約4万から、上位モデルとなると10万以上するので手が出せませんでした。

また他の理由としては、ロボット掃除機は無くても掃除機があるので困らないという考えもありました。

ロボット掃除機はルンバだけではない

ロボット掃除機を買うに至ったきっかけはAmazonのプライムデーの際にロボット掃除機がセールになっており、安くなっているなら試しに買ってみようかという妻の提案でした。

プライムデーというのはAmazonプライム会員限定の年に1度のセールで、そのセールの中でルンバが目玉商品としてお安くなっていました。ルンバ以外のロボット掃除機も30%オフなど値下げされていたため安くなったルンバよりさらに安いロボット掃除機をいくつかピックアップし、商品について調べてから買いました。調べるといってもセールには時間制限があるのでAmazonのレビューやレビュー記事のあるブログを読むといった簡単なものです。

我が家はeufyのロボット掃除機を買いました

いくつかのロボット掃除機を調べた結果、我が家はEufyロボット掃除機を買いました。価格が安いこと、レビューがそれなりに良いことが決め手となりました。

まず価格はプライムデーのおかげで約17000円で買うことができました。またEufyというのはあのAnkerの家電ブランドで、18ヶ月保証が付いていることもとても魅力的でした。

Eufyロボット掃除機は注文から2日くらいで我が家に届き、それからほぼ毎日我が家の床を掃除してくれています。ドジなところはあるけど、しっかり掃除してくれて今の所は満足しています。製品の詳細は後ほど。

プライムデーでEufyRoboVac11を買いました。

カラーバリエーションは白と黒が有るようですが、セールになっていたのは白のみでした。

ロボット掃除機は1万円台から買うことができる

今思うとEufyロボット掃除機のように1、2万円からロボット掃除機のある生活をはじめることができたのです。私の場合、ロボット掃除機=ルンバ=価格が高いという感じで思考停止していました。

プライムデーはとてもいいタイミングでしたが、思考停止してなければもっと早くロボット掃除機を買えたのではないでしょうか。今回のタイミングを逃しているとまたずるずると買わない流れになっていたと思うので提案してくれた妻には感謝しています。

記事タイトルがなぜ2万円台からとなっているかと言うと、Eufyロボット掃除機の定価は2万円台だからです。

ロボット掃除機で掃除時間を短縮できるようになりました

ロボット掃除機を使うメリットは掃除時間の短縮です。掃除機に部屋掃除を任せることで本来掃除に使う時間で別のことができるようになりました。

ロボット掃除機も完璧ではないので、自分で掃除しなければいけないところももちろんありますが、リビングやキッチンの床掃除をロボット掃除機に任せることができるようになったので掃除の負荷はかなり下がりました。家電は偉大です…

Eufyのロボット掃除機の詳細

さてあらためめまして我が家が買ったロボット掃除機の紹介です。上述したとおり我が家はEufyロボット掃除機Eufy RoboVac11」を書いました。

Eufyはモバイルバッテリーなどの充電機器で有名なAnkerの家電ブランドで、個人的にはAnker製品を好んで使用しており、Anker製品に満足していることが多いので全然知らないメーカーと比べると少し安心です。

Eufy

細かい仕様、たとえば何分動けるのかとか、寸法だとかは調べればすぐにでてくるので実際に使わないと分からない部分を紹介していきたいと思います。

しっかりと掃除してくれるEufyのロボット掃除機

Eufyロボット掃除機はしっかりと床のゴミやほこりを掃除してくれます。吸引力が高いといえばわかりやすいでしょうか。掃除機としては当たり前なのですが、ロボット掃除機というと自動化の印象が強いせいか、まさかこんなにゴミやほこりが取れるのかと驚いてしまいました。(まさか我が家にこんなにもゴミやほこりがあるなんて…)

Eufiのロボット掃除機の裏側です。中央の黄色いところからゴミを吸い込みます。

充電中。操作も簡単で、電源ボタンを押すだけで掃除をはじめます。リモコンでの操作も可能です。

後部にゴミ入れがあります。捨てるときは引き出すだけです。

少し動かしただけでもほこりの塊がでてきます。ほこりをしっかりと吸引できていることがわかります。

続いてEufyロボット掃除機の苦手なところも書いていきます。実際にEufyロボット掃除機を使っていて気になったところは下記の2点です。その他の部分では概ね製品に満足しています。

結構な確率でぶつかります

Eufyロボット掃除機は運転中結構高い確率でぶつかります。止まる時もギリギリなので見ているとヒヤヒヤしてしましまいます。そのなかでも我が家の冷蔵庫には高確率でぶつかります。冷蔵庫が黒いことが原因かもしれません。

よくぶつかりはしますが、ボディにはゴムの部分があり、真っ先にそのゴムの部分があたるためぶつかっても対象に傷がつく心配はいらないです。ただし割れ物等は気をつけたほうがいいかもしれません。

毛の長いラグと配線でたまに止まります

Eufyロボット掃除機は毛の長いラグ、絨毯は苦手なようです。掃除できないわけではないのですが、たまに止まってしまうことがあります。毛の短いものであればスイスイ登って掃除してくれます。

また整備されていない配線類も苦手で掃除中に絡まって止まってしまうことがあります。配線が床に無造作に配置されているのなら配線カバーなどでまとめたほうがいいですね。

もし何らかのアクシデントで止まってしまっても音を出して知らせてくれるのですぐに気づくことができます。

ロボット掃除機に配慮して部屋が片付く

ロボット掃除機の効能は自動で掃除機をしてくれることだけではなく、利用者がロボット掃除機をより効果的に使えるように部屋を片付けるようになるという効能もありました。実際に我が家がそうで、床にモノを置かなくなったり、ロボット掃除機が止まらないように配線を整理したりするようになりました。

日々の掃除を自動化できるだけでなく、整理整頓の意識づけまでしてくれるのでロボット掃除を買って本当によかったです。

2万円台からロボット掃除機のある生活をはじめましょう

長々とロボット掃除機の魅力と紹介を書いてきました。私と同じようにロボット掃除機が気になっているけど価格で躊躇してしまっている方もいるのではないでしょうか。価格で躊躇しているのであれば我が家のように比較的安価なロボット掃除機からはじめてみるという方法もありすので検討して見てはいかがでしょうか。またEufyロボット掃除機が気になっている方の参考にもなれば幸いです。

EufyはAmazonで買えますが売り切れてることがあるので狙っているならこまめにチェックしたほうがいいかもしれません。

以上我が家がロボット掃除機のある生活をはじめた話でした。