楽天ペイのチャージ方法は3つ!詳しく解説します。

どうも!おぐらです。
先日楽天カードや楽天ペイで大きな障害があったため多くの方に影響が出ましたね。

それだけ多くの方が楽天カードや楽天ペイを使っていることがわかります。
私も楽天カードユーザーでいつのまにか楽天の会員ランクはダイヤモンドになっていました。
今では完全にベンダーロックインされています…

楽天ペイも普段からよく使っていまして、楽天ペイが使えるお店では楽天ペイを優先して使っています。
そんな便利な楽天ペイですが、お金を扱うものなので取り扱いに慎重になっている方は多いのではないでしょうか。

キャッシュレスサービスはチャージしているお金で支払いをする仕組みが一般的です。
しかしながら楽天ペイにチャージする方法がわからず困っている方、不安な方はいませんでしょうか。

「楽天ペイにチャージする方法が知りたい」

この記事はそんな方にぜひ読んでいただきたいです。
さっそく楽天ペイのチャージ方法を詳しくお話ししていきます!

楽天ペイのチャージ方法は3つ

楽天ペイにチャージする方法は以下の3つです。
楽天キャッシュがチャージされ支払い時に使うことができます。

  • クレジットカードからチャージ
  • 楽天銀行からチャージ
  • ラクマからチャージ

ここからはそれぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

クレジットカードで楽天ペイにチャージする

クレジットカードから楽天ペイにチャージすることができます。
ただし使えるクレジットカードが決まっている点に注意が必要です。

使えるクレジットカードは下記の3つです。

  • 楽天カード
  • VISA
  • Mastercard

つまりJCBは楽天カードでしか使えません。
VISAとMastercardがあるのは助かりますが、アメックスなど非対応のクレジットカードを普段から使っているようであれば楽天ペイは使いにくくなります。

しかしPayPayはヤフーカードからしかチャージできないので、その条件と比べるとかなり柔軟な対応だと思っています。

楽天カードユーザーであれば楽天ペイをつかうことでお得になります。
なぜなら楽天ペイを使うことで楽天ペイへのポイントに加えて、楽天カードにもポイントがつくからです。
ポイント二重取りできるのはありがたいですね。

デビットカードでも登録できる

楽天ペイはVISAかMastercardであればデビットカードでも登録できます。
クレジットカードをお持ちでない方やクレジットカードを登録するのがイヤな方はデビットカードを使う手もあります。

 VISA、Mastercardでも登録できないクレジットカードもある

VISAかMastercardなら登録できると散々話してきましたが、登録できない場合もあります。
具体的には下記のような場合です。

  • 本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していない
  • 日本国内発行ではないカード
  • 名義が本人ではない
  • 有効ではないカード

3Dセキュアに対応しているかは、カード会社で確認してください。
有効ではないカードとは有効期限がきれているなど、利用が停止されているカードのことです。

上記に加えてカード会社の都合により登録できないカードも存在しているようです。
楽天ペイからは理由を確認することができないため、問い合わせか、他のカードを使うしかありません。

楽天銀行から楽天ペイにチャージする

同じ楽天のサービスである楽天銀行から楽天ペイにチャージできます。
この方法の場合、楽天銀行で口座を開設し楽天ペイに登録しなければなりません。

すでに楽天銀行に講座を持っている方や、これから楽天銀行に口座を開設する予定の方にはオススメの方法です。
楽天ペイのためだけに楽天銀行の口座を開設するのも気が向かないですよね。

クレジットカードが手軽で一番使いやすいと思っていますが、デビットカードと同様にクレジットカードを使いたくない方に向いていますね。

楽天ペイに楽天銀行を登録してあれば、チャージ時にチャージ方法の選択から楽天銀行を選択するだけです。

ラクマから楽天ペイにチャージする

こちらも楽天のサービスであるラクマの売上金を楽天ペイにチャージすることができます。
これはラクマに登録していて、楽天ペイとラクマを連携し、ラクマで売上金がある状態でしか使えない方法です。

ラクマから楽天ペイにチャージするメリットは、売上金を現金化することなく支払いに使えるところです。
ラクマから一度銀行に現金として振り込み申請をして現金化する手間をはぶけますよね。
こういったこともあって個人的に預け先としての銀行の価値はどんどん下がって行っているように感じます。

逆にデメリットは売上金がないと絶対に使えないところでしょうか。
ラクマを使っていても買い専門であれば一生使わないと思いませんか?

チャージ方法としてはラクマから楽天ペイに向けて送金します。
なおラクマの売上金を楽天ペイにチャージすると、もう売上金に戻したり、銀行に出勤できなくなるできなくなるのでラクマからチャージするときはよく考えましょう。

楽天ペイにチャージしたことなし

ここまでチャージ方法をまとめてきましたが、私は楽天ペイにチャージしたことはありません。
なぜならチャージしていなくてもクレジットカードの支払いとして決済できるからです。

楽天ペイはクレジットカードを出す(パスワードを入れる)手間をはぶくアプリだと思っています。
毎回カバンから財布を出す、財布からクレジットカードを出す、必要に応じてパスワードを入力するとなかなか時間がかかりますよね。

それが「楽天ペイでお願いします」→「ピッ」で支払いが終わります。
言うまでもないですが楽天ペイの方が圧倒的に楽ですよね。
クレジットカードを渡すリスクも無くなりますし、近所のコンビニにいくだけならiPhoneだけもっていけば支払いができてしまいます。

クレジットカード使用のデメリットはお金を使っている感覚が少ないことでしょうか。
人によっては使いすぎてしまうこともあるかもしれません。
使いすぎが心配な方は銀行から決まった金額をチャージする方法で、使いすぎず状態も見えやすくすれば使いすぎることはないでしょう。

あなたに最適な楽天ペイのチャージ方法を選びましょう

個人的にオススメな方法はクレジットカードで、中でも楽天カードを使うのが楽天ペイをつかううえで一番メリットが大きいでしょう。
キャッシュレスとして考えても支払いを楽に、最適化する観点からクレジットカードが最適と考えています。

とはいえクレジットカードに抵抗がある方もいらっしゃると思います。
そういった場合はデビットカードや楽天銀行からのチャージが最適でしょう。

ラクマからのチャージは使えるユーザーが限られてくるのでオマケ程度に覚えておけばいいでしょう。

いずれにせよ自分に合う使い方が一番ということですね。
今後ますます便利になっていく分野なので、機能を知って、考えて使っていきましょう。