楽天ペイの利用上限額は一定ではない【支払い方法と場所に注意】

こんにちは!おぐらです。
キャッシュレス決済ではPayPayがシェアトップですが、私は楽天ペイを使っています..

というのも私の利用しているサービスがPayPayと相性がよくないからで、人によって都合の良い決済方法も変わるだろうと考えています。
私の場合は楽天ペイについでLINEペイが都合がいいです。

よく使っている楽天ペイですが、よく考えると上限でどれぐらい使えるのか知らないことに気づいたんですよ。
サービスの仕様詳細を理解せずにいつも使っていることありませんか?

これではいけないと感じて楽天ペイの上限額を調べることにしました。

「楽天ペイの上限額を知りたい」
この記事はそんな方にオススメです。

楽天ペイの利用上限額は一定ではない

さっそくですが楽天ペイの利用上限額は一定ではありません。
支払い元、お店、状態によって支払いに使える上限金額が変わります。

上限額を把握していないと支払い時に思わぬトラブルが起こる可能性があるので、楽天ペイに限らずキャッシュレスサービスの上限額は把握しておきましょう。
ここからは細かく上限額の設定をお話しします。

楽天ペイの上限額で覚えておくべき数字は2つ

楽天ペイの上限額に関して、最低2つだけ覚えておけば問題ないでしょう。
覚えておくべき数字は次の2つです。

  • 50万
  • 30,000

50万と30,000!容易に50万円と30,000円だなとわかると思いますが、この2つの数字についてはここから詳しくお話しします。
3万と書いていないのは楽天の公式の表記に合わせているからで、この記事では50万と30,000の表記で統一させていただきます。

支払い元がクレジットカードだと上限額は50万円

まず1つ目の数字、50万円は楽天ペイの支払い元がクレジットカードである場合の基本的な上限額です。
上限50万円をどうとるか個人差あると思いますが、不正利用された場合1撃で50万円持っていかれちゃいますね。

個人的に上限額50万円もいらないなとは思っています。
楽天ペイを50万円の支払いに使う機会がおとずれるイメージが湧かないのが理由ですが、得られる楽天ポイントを考えると、50万円の支払いに楽天ペイを使うのも悪くはないですね。

注意点は楽天ペイの上限額よりも、クレジットカードの上限額が優先されることです。
楽天ペイが1回で50万円まで支払える仕様でも、支払い元のクレジットカードの上限が例えば5万円だとすると、楽天ペイで支払える上限は5万円になります。

あとでお話ししますが、使う場所によっても支払い額上限が変わります。
「基本的な上限額」と書いたのはこれらの理由があったからです。

支払い元が楽天ポイントか楽天キャッシュだと上限額は30,000円

続いて2つめの数字30,000円は楽天ポイントか楽天キャッシュで支払う場合の上限額です。
楽天ポイントはおなじみ楽天スーパーポイント、楽天キャッシュはなんらかの方法で楽天ペイにチャージしたお金のことです。

50万円とはかなり差があるのは、50万楽天ポイントをためる&使うことが現実的ではないかつ、処理の負荷的な理由があるのかなと勝手に思っています。
楽天ポイントは付与予定のポイントは使用できず、すでに付与されているポイントのみが対象です。

注意点は楽天IDの会員ランク・楽天ペイアプリのご利用状況・ご利用店舗等によって上限金額は異なることです。
しかもこの上限金額はセキュリティを理由に公開されていません。

上限額が公開されてない以上、上限額がわからず支払い時にエラーになる可能性があるので、楽天ポイントや楽天キャッシュを使った支払いでは、高額の支払いをしないほうが安全でしょう。
「上限30,000円だけど、会員ランクやアプリ利用状況で上限が変わる」では全く上限がわからないので、ここは明確にしていただきたいところです。

使うお店でも楽天ペイの上限額は変わる

クレジットカード支払いのところで少しお話ししましたが、楽天ペイを使用する場所によっても上限額は変わります。
場所とは楽天ペイを使うお店のことです。

具体的な例だとコンビニのローソンでは、1回の支払額、1日の支払額の上限が4,000円になっています。
楽天ポイントや楽天キャッシュの支払いでも同じ上限額が適応されます。

コンビニで4,000円も使わないよと思う方もいるかと思いますが、ローソンでは1日の支払い上限も決まっています。
1日で4,000円であれば使う可能性はゼロではないでしょう。

楽天ペイが使えるか調べる時は、店舗独自の上限額が適応されないかも合わせて確認しましょう。

楽天ペイは方法やお店、状態によって上限額が変わる

楽天ペイの支払い上限額は支払い元に応じて2つに別れています。
支払い元がクレジットカードの場合は50万円、楽天ペイか楽天キャッシュの場合は30,000円が上限額ですが、クレジットカード自体の上限額が優先されます。

また楽天ポイントや楽天キャッシュは、楽天会員ランクや、楽天ペイアプリの利用状況によって上限額が変わるように設定されています。
この設定詳細は非公開のため具体的な上限額を知ることはできません。

楽天ペイユーザーはクレジットカード払いか、チャージ、ポイント払いかに二分されると思うので、自分の支払い方法の上限額は最低覚えておきたいところですね。
クレジットカードの上限額が優先されるので、不正利用のリスクヘッジとして普段はクレジットカードの上限額を下げておくのも有効な手段だと思います。