スターバックスから飲みやすい新作の炭酸水が発売されていました

先日コンビニで飲み物を買おうとした時にふと目に入ったのがスターバックススパークリング。炭酸水好きの私は興味を惹かれ買ってしまいました。

スターバックススパークリングとは

スターバックススパークリングとは、2018年2月27日から全国のセブンイレブンで先行発売されたスターバックスの新作炭酸飲料です。

Starbucks Sparkling – スターバックス スパークリング

出典:Starbucks Sparkling – スターバックス スパークリング

 

ノンカロリーとローカロリーの2種類発売

スターバックススパークリングはノーカロリーのリフレッシングテイストと、ローカロリーのピーチスプラッシュの2種類が発売されています。私は基本的に果実系の味付けがされている炭酸飲料は買わないので、ノーカロリーのリフレッシングテイストを選びました。この記事はノンカロリーのリフレッシングテイストについてのレビューになります。

炭酸水としては価格は高めの設定

リフレッシングテイストが130円(税別)、ピーチスプラッシュが140円(税別)で容量は同じ390mlです。これは他の同類の炭酸水と比較すると高めの価格です。

スターバックススパークリングの特徴

スターバックススパークリングは単純な炭酸水ではなく、コーヒーチェリー由来のカフェインと、ココナッツ果汁が配合されています。ありがちな炭酸水ではなく、スターバックスならではの炭酸飲水の提供のようです。

コーヒーチェリー(生豆を含む)由来のカフェインと、ミネラルが含まれるココナッツ果汁を配合しています。
「リフレッシング テイスト(ノンカロリー)」は炭酸の刺激がほどよい爽快感を生み出し、「ピーチ スプラッシュ(ローカロリー)」はピーチ果汁とアップル果汁を加えた爽やかな甘さが特長の中味です。
「リフレッシング テイスト(ノンカロリー)」は無糖、「ピーチ スプラッシュ(ローカロリー)」は有糖です。
※ミネラルとはリン、ナトリウムのことを指します。

引用:プレスリリース(2018/02/13)

スターバックススパークリングを飲んだ感想

リフレッシングテイストは飲みやすい炭酸水です

スターバックススパークリングのリフレッシングテイストを飲んでみた結果、炭酸水独特の苦味が少なく、さらに配合されている材料のほのかな風味が程よく飲みやすい炭酸水という感想になりました。

苦味が少なくほのかなほのかに風味がある

今では好きですが、炭酸水を飲み始めた頃は苦味が少し苦手でした。炭酸水の苦味が嫌いなかたもいるのではないでしょうか。スターバックススパークリングのリフレッシングテイストでは炭酸水独特の苦味は少なく、さらに配合されているココナッツ果汁のおかげなのか程よい風味がありとても飲みやすくなってます。炭酸水が苦手な妻もこれは好きと言っていました。

炭酸も強すぎない

炭酸自体が苦手という方も多くいらっしゃると思います。炭酸水の中には強炭酸を強みにしているものもありますが、スターバックススパークリングは炭酸がそこまで強くありません。

カフェインが含まれています

リフレッシュのためにカフェインが含まれています。炭酸水にカフェインが入っているとは思っていなかったので半分以上飲んでから気づきました。スターバックススパークリングには100mlに10〜16mlのカフェインが含まれているので、カフェインを控えている方はご注意ください。

炭酸水が苦手な方にもおすすめ

飲みやすい炭酸水なので、炭酸水が飲みたいけど苦手な方にもおすすめできる炭酸水だと思います。ただし上にも書きましたがフェインが入っているので、大量に飲むのではなくちょっとリフレッシュしたいそんな時に飲むのがよさそうですね。

ちなみに個人的におすすめ炭酸水は定番にはなりますが、ウィルキンソンの炭酸水と、セブンイレブンオリジナルの炭酸水です。炭酸水は慣れてくるとくせになります。

アサヒ ウィルキンソン タンサン 強炭酸水 500ml×24本

新品価格
¥1,798から
(2018/3/26 23:08時点)