【歓喜】水道料金をクレジットカードで払えるようになった【名古屋】

こんにちは〜おぐらです!
もう10月終わりそうですね、いよいよ冬が来ます。

冬といえば暖かいお風呂が幸せな時間になりますね。
暖かいお風呂も幸せですが、水道繋がりで嬉しいことがありました。

なんと名古屋市水道局がクレジットカード払いに対応しました〜!
口座引き落としの人はそんなに嬉しくないかも知れませんが、仕方なく払込票で支払っていたわたしはとても嬉しいです!

今回は名古屋市の水道料金をクレジットカード払いに変更する方法などをまとめました。
この記事は払込票での支払いを面倒に感じている人、これから水道料金の支払いを申し込む人にオススメです。

目次

水道料金をクレジットカードで払えるようになった

これまで払込票が届く、コンビニで支払いというフローを続けてきましたが、ついに解放されました。
面倒に感じている人も多かったのではないでしょうか。

2020年4月から対応

まったく気づくことなく生きてましたが、今年4月からクレジットカードでの支払いに対応してくれていました。
なぜ気づいたかと言うと、払込票に書いてあったからですね。

もっと早く気づくことができれば2回くらいの支払いはクレジットカードで払えたかもしれません。
払込票を読んでいないのが悪かったですね。

サイトから登録申請できる

支払い方法変更は名古屋市水道局の専用Webページから申請できます。
現時点ではトップページのバナーからも申請ページに移動できますよ。

この記事にもクレジットカード登録ページへのリンクを載せておきますね。

クレジットカード払いのお申込み・変更

登録に必要なもの

登録する時に必要なのは次の3つです。

  • お客様番号および装置番号
  • クレジットカード
  • メールアドレス

ひとつめはお客様番号および装置番号。
これは水道使用料のお知らせや、水道料金納入通知書に記されています。

ふたつめはクレジットカードです。
下記の種類が使えるので、ほとんどのものが使えるでしょう。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

最後のメールアドレスは、普段なにかのサービスを登録するときに使っているもので大丈夫です。
迷惑メール拒否設定をしている人はのドメインから受信できるようにしておきましょう。

クレジットカード支払い変更時の注意

サイトから申し込むだけなのだ、とくに難しいことはありません。
しかし申請から登録まで2週間ほどかかることは覚えておきましょう。

クレジットカードへの変更手続きをしたから安心して、払込票の期限を過ぎてしまわないように注意しましょう。
あとは登録時に必要なのでメールアドレスの受信設定は必ず行いましょう。

クレジットカード払いのメリット

なぜわたしがこんなにもクレジットカード払い対応で喜んでいるかというと、メリットが大きいからですね。
ここからはメリットについてお話しします。

支払いを自動化できる

最大のメリットは支払いフローを自動化できることです。
払込票が届く、支払いのために出かけるというステップを無しにできるのです。

2か月に1度のことかもしれませんが、水道料金の支払いはずっと続くことです。
確実に長期間行う予定の作業を自動化しておけるのはかなり楽になりますよ。

ポイントがたまる

クレジットカードで支払うことによって、クレジットカードのポイントもたまります。
たとえば楽天カードだと楽天ポイントがたまりますよね。

これも自動化の恩恵ですが、確実に一定間隔で支払うものに対してクレジットカードを使ってポイントを貯めるのは非常に効率的なんですね。
浪費でもありませんし、どうせ支払うならポイントもらっておこうという考えです。

ネット銀行ユーザーでも使える

名古屋の話ですが、口座振替対象となる口座にネット銀行がありません。
わたしが払込票で支払っていたのはメインで使っている住信SBIネット銀行で口座振替申請ができなかったからです。

同じようにネット銀行を使っている人はこれまで口座振替ができなかったので、クレジットカードカード払いのおかげで自動支払いに変更できます。
メガバンクは対応してるんですけど、ネット銀行は軒並み対象外でした。

わたしはとにかく毎回支払いに行くのが面倒なので、名古屋市水道局にネット銀行は口座振替対象にならないかと聞いたことがあります。
しかし、銀行側からの要請がないかぎりならないとの回答をいただきました。

諦めていたことでしたが、最近のキャッシュレスの流れなのかクレジットカード支払いに対応してくれて助かりました。

家計管理がしやすくなる

クレジットカードメインで支出管理している人にとって、現金払いの例外は結構面倒ですよね。
クレジットカードであれば明細につかったものが一目でわかります。

管理アプリでも現金の支出は毎度入力が必要だったりと手間になってしまいます。
支払い方法を一元化することで、家計管理を簡単にしましょう。

クレジットカードのない人は先に作ろう

そもそもクレジットカードがないと登録すらできないので、クレジットカード払いにしたい人まずつくりましょう。
キャッシュレス時代ではクレジットカードがベースとなって機能するものばかりです。

ポイント還元の観点や支払いや家計管理の、しやすさを考えて個人的にはクレジットカードはオススメです。

 

クレジットカード支払いは多くのメリットを持ち、かつ登録も簡単といいことばかりです。
払込票で支払っている人や、これまで口座振替だったけどクレジットカードで払いたい人はすぐ申請しましょう!

クレジットカード払いのお申込み・変更

前の記事
【WordPress】固定ページテンプレートファイルの作り方【入門編】
次の記事
【軽すぎ】モンベルのトラベルアンブレラをレビューした