【重要】WordPressの無料テーマを選ぶコツ3つ【早く選ぼう】

こんにちは、おぐらです。
みなさんWordPressの無料テーマがいくつあるかご存知でしょうか?

公式に登録されているだけで現在7700以上。
有料や野生のテーマを含めればさらに多くなるでしょう。

この数字をみて何を考えるでしょうか。
WordPress全体の大きさを実感することもできますね。

一見、数が多いことはいいことに思えます(実際いいことだ)
しかし「テーマの数が多すぎて選べない」という問題も起きているのではないかと疑っています。

まさに選択のパラドックス。
選択肢が多いことは必ずしも高い満足度に繋がりません。

そこで今回は「テーマの数が多すぎて選べない」という事象に対して、選び方のコツを3つ紹介します。
これらの切り口を使うことで少しでもテーマ選びの負荷が下がれば幸いです。

目次

WordPressの無料テーマを選ぶコツ3つ

無料テーマを選ぶ時のコツを3つ紹介します。
もし選ぶことに悩んでしまったら(ただただ色々なテーマを見ているだけの状態になったら)次に紹介する切り口で考えてみてください。

優先度としては①、②が高め、大きくのふるい落とすには③も有効だと思います。

①継続してメンテナンスされている

要は「テーマの最終更新日はいつか?」ということです。
継続してメンテナンスされていないテーマを使い続けるのは、最悪WordPressのバージョンアップに対応できず使えなくなるリスクがあります。

ブログ運営に支障をきたすので、テーマを選ぶときは気をつけたほうがいいポイント。
最終更新日から時間が経っている事自体が完全に悪いことではありませんが、最終更新から数年経っているテーマは選ばないほうが安全でしょう。

WordPressに登録されているテーマの最終更新日は、公式テーマ詳細ページに記載されています。
有償や野生のテーマでも、最終更新日を記載してる時がありますのでチェックしてみてください。

②カスタマイズ記事が多い

ブログを始めると次はカスタマイズのステップに進むと思います。
そこで真っ先にやることは「テーマ名 カスタマイズ」とグーグルで調べることではないでしょうか。

書籍や動画などでWordPressの知識を得てスキルを身に着けるのが本質的にはいいですが、手っ取り早いのはなんといっても同じテーマをカスタマイズする方法を早く見つけることでしょう。
ブログがやりたいだけ人の場合はWordPressのスキルを高めたいという考えはない場合もありますからね。

たとえば「Cocoon カスタマイズ」で調べてみるとコピペで簡単にできるなど「カスタマイズする方法」をまとめた記事がたくさん出てきます。
先人のまとめてくれた情報をありがたく使うことで、カスタマイズにムダな時間をかけなくてすみます。

この切り口は「カスタマイズしたいけど自信がない人」や「カスタマイズに時間を使いたくない人」にオススメ。
調べ方も事前にグーグルでざっくりリサーチするだけなので手間はかかりません。

③デザインが好み

①または②の優先度高めですが、デザインも大事。
というのも自分のブログをみて「かっこいい!」とか「おしゃれ!」と感じることは自己肯定感につながりますし、ブログを続けるモチベーション維持にも一役買うはずです。

あなたの作ろうとしているサイト、ブログのイメージを反映しやすいという観点でデザインを選ぶのもありでしょう。
使う画像や色を変えるだけでもぐっと印象も変わりますよ。

まずデザインの系統でふるい落としてから、①や②の切り口を使ってみてもいいですね。

レイアウトなどでフィルターすることもできます。

オススメは「Cocoon(コクーン)」

「ブログ」に絞った場合、オススメなのは「Cocoon(コクーン)」。
理由は次の3つです。

– メンテナンスが継続して行われている
– カスタマイズしやすい
– 豊富な機能

デザインについてはシンプルに2カラムです。
好みが別れるのと、ブログテーマはだいたい同じ感じになるのでオススメのポイントとはしません。

Cocoonの公式サイトをみると分かりますが、コメントで作成者のわいひらさんがユーザーと直接やりとりして修正を行ったり、相談に回答しています。
作成者によって継続的にメンテナンスされていることがわかりますね。

続いて公式サイトを見ると、とにかく親切にマニュアルが書かれています。
公式サイトのマニュアルだけでも充分なくらいですが、先に述べたとおり「Cocoon カスタマイズ」で調べればカスタマイズ情報をたくさん知ることができます。

公式サイトのマニュアルとそれ以外の情報も充実していることから、カスタマイズしやすいと言えるでしょう。

機能に関して細かく触れませんが、機能を優先したらCocoon一択。
有料テーマに匹敵するくらいの充実度。
最近よく見る吹き出しやランキング機能が用意されてます。

Cocoon | WordPress無料テーマ

無料テーマ選びの落とし穴

無料テーマ数多すぎて選べない問題や、派生する問題についてお話します。
個人的には本質を忘れないようにすることと、早くはじめることが大事だと思ってます。

数が多すぎて決められない

何度も言ってますが、WordPressテーマ多すぎです。
7700すべてチェックしてる間に記事がどれだけ書けるでしょうか。

WordPressもなかなか長生きで今後もテーマは増えます。
あわせて「オススメのテーマn選」の記事も増加。

今後もテーマ選びの悩みはつきないでしょう。
わたし個人としては「オススメを探す」より「選び方を決める」ことを重要視するべきだと考えます。
ただでさえWordPressはサーバーレンタルしたりと時間がかかるので、なるべく手間なくスタートしたいものです。

選ぶのに時間をかけるほど、いろいろ削られる

テーマ選びに悩むことの問題は、悩んでいる時間が多くなるほど、「時間」「体力」「モチベーション」を削られていくことです。
いざブログをスタートする頃には消耗しきっていて、肝心の記事を書くことに支障がでるかもしれません。

まだテーマ選びの軸を持って考えている状態ならまだマシで、ただ見ているだけで悩んでいる状態は危険。
数日かかるようなら一度テーマ選びについてどうするか考えなおしましょう。

WordPressははてなやnoteなどのサービスと比べて、ブログをはじめるまで時間のかかるもの。
テーマも時間がかかってしまう要因のひとつなのです。

なにより書くことが大事

なんらかの目的を達成するためにブログを書くということを忘れないようにしましょう。
ブログで大事なのは記事のそのものに価値があることです。

テーマを選ぶことが目的にならないように注意が必要ということです。
本来の目的を忘れてテーマ選びに悩んでいてもしょうがないですよね。

はやく始めることが必ずしも正解ではないですが、ズルズルと時間がかかると先に述べたとおりデメリットが大きくなります。
とはいえ始めるにあたって手を動かすまでに、ブログ、サイトの構想をしっかりと練れば、テーマ選びを含む準備の段階はそこまで困らず進めるのではないかと思います。

一番の目的から逆算して、あなたのブログをどうしたいのかを考えましょう。
なにより書くことが大事なので、とにかく書きましょう。

わたしも初心を忘れず継続します。

テーマを選んだらインストールしましょう!

前の記事
【簡単】WordPressのテーマをインストールする3つの方法
次の記事
WordPressの不要なテーマは削除しよう【方法は2つ】