【備忘録】子供の鼻血が頻発したので診察してきた【原因と対策】

こんにちわ〜五月病になりましたおぐらです。
五月病もひどくツライものですが、花粉も中々落ち着きませんね。

舌下免疫療法でかなり鼻炎の症状が改善されましたが、この時期は鼻炎薬を飲むことが多くなります。
効くのは嬉しいのですが、眠くなるのが欠点ですよね。

鼻といえば、つい最近子どもが鼻血を頻発するので念のため診察してもらってきました。
省みつつ今後のために原因や対策をまとめて残しておこうと思います。

目次

子供の鼻血が頻発したので診察してきた

はじめて鼻血が出て、とりあえず様子見やなと話していたら次の日にも鼻血が出る事態になりました。
わたしが定期的に耳鼻科通いなこともあり、ついでに診察してもらうなことにしました。

急遽予約をねじ込ませてくれたかかりつけの耳鼻科さんありがとうございます。や

1週間で鼻血が頻発

数日様子見して再発しないなら病院いくまでもないかと思ってましたが、1週間で5、6回は出たので念のため耳鼻科にかかりました。
インターネットで調べる限りよっぽど大丈夫そうなんですが、さすがに続くと心配になりますね。

鼻血が出ている時でも子どもは大人しくしていることはなく、気にせず動くので大変。
布団や衣類などいろんなところに血がついてしまいました。

原因 : ほじりすぎ

耳鼻科で見てもらった結果原因はほじりすぎということでした。
鼻の中が傷ついてしまっていて、鼻血が出やすくなっている状態です。

カサブタになるのですが、それが外れるとまた簡単に出血するとのこと。
とりあえず原因がわかって一安心です。

塗り薬を処方してもらいました。

鼻掃除で傷つけてしまったかも

お風呂の後に鼻くそがある時は掃除するのですが、その時に傷がついてしまったかもしれません。
もしそうならかわいそうなことをしてしまったわけですが、鼻詰まりで寝られないこともあったりしますし、ケアは必要なところなので難しいですね。

掃除の時に大人しくしていてくれたらいいのですが、子どもゆえにそれもかないません。

心配なら診察しよう

うちの子の場合はほじりすぎが原因でしたが、あくまで一例になります。
頻発して心配なかかりつけ医に診てもらうことをオススメします。

やっぱり素人には判断の難しいことですし、そこまで労力のかかることでもありません。
診てもらって損することはほとんどないでしょう。

わが家の場合も1回出て、再度起きなければ病院には行ってなかったと思います。
本題から逸れますが、経験則的に大人子ども関係なく、気になるところがあれば耳鼻科は積極的な受診をオススメします。

たとえば鼻炎が軽くなるだけでもQOLが上がるからです。

状態改善のための対策

原因がわかったので一安心ですが、カサブタがとれるとまたすぐ鼻血ブーらしいので対策が必要ですね。
なるべくはやく治るようにしてあげたいので、注意して取り組んでいきたいと思います。

基本的に触らない

まず掃除はいったんやめました。
基本的に鼻にはノータッチとします。

とはいえ放っておくと汚れがついていたりするので、粘膜に触れない外側だけでもガーゼや口拭きで清潔に保てるようにしてます。
鼻が詰まってしまうのはもう今のところ諦めですね。

唯一処方された塗り薬は綿棒につけて使ってます。
ただ悲しいことにめちゃくちゃ拒否されるので上手く塗れません。

子どもの爪を切る

他に注意することは、子ども自らの手でほじってしまうことです。
最悪ほじったとき傷がつきにくいようこまめに爪を切るようにします。

やはり鼻が気になる時は触ろうとしています。
よく子どもの行動を観察しておくことが重要ですね。

子どものケアに注意します

幸い病院に行ってからは一度も出なくなりました。
大事に至らず一安心ですが、子どものケアに注意が必要だなと痛感した出来事でしたね。

引き続き様子を見つつ完治を目指したいと思います。
1つの例に過ぎませんが、子どもの突発的だったり、頻発する鼻血に対する参考になれば幸いです。

夏になってきたので日焼け止めもこまめに塗ってあげないとですね。

前の記事
ミルク作りにウォーターサーバーをオススメする理由【楽をしよう】
次の記事
【月220円から】低予算でブログを始める方法【WordPressも使える】