ミルク作りにウォーターサーバーをオススメする理由【楽をしよう】

こんにちは〜おぐらです。
今年のGWも一部の都市は緊急事態宣言ということで、自宅で過ごされている方も多そうですね。

わたしもとくに出かける用事もないので、いつもどおりブログを更新します。
今回は子育てには避けては通れないミルク作りに関してです。

毎日作ることもあるミルク。
はじめのうちは感覚も短く作る回数も多くなり大変な作業ですよね。

このミルク作りなんですが、ウォーターサーバーを使うとすごく便利なので紹介したいと思います。
赤ちゃんを迎えるための準備」をしている、「ミルク作りが大変でツライ」そんな人にオススメです。

目次

ウォーターサーバーでミルク作りを時短できる

結論から話すと、オススメする理由は時短できるからです。
話を盛っていると思われるかもしれませんが、専用の設備じゃないの?と思うくらいにはミルク作りとの相性が良いですね。

子育てを長期的に見るとミルクを作る期間は長くありません。
しかし、月齢が低いころは暑い日も寒い日も、昼、夜問わず1日に何回も作ります。

いわゆる完全なルーチンなんですね。
さらにミルク作りの他にもやることは山のようにあります。

たくさんタスクがある中で、1つでも時短できたら嬉しくありませんか?
しかも難しいスキルなども必要なく、ウォーターサーバーを使うだけなんです。

子育てキャリア2年ほどですが、あってよかったモノのランキング上位に君臨しています。
もちろん子育て以外でも頼りになる存在です。

さて、理由はさきほど話したとおりですが、なぜ時短できるのかを深掘りしていきましょう。

お湯作りが不要になる

熱湯をすぐに出せることで、70度以上のお湯を作る工程をスキップできます。
これだけで結構な時短ですよね。

電気ケトルもたしかに便利なアイテムではありますが、お湯が沸くまでに待ち時間が発生します。
深夜に起きて作るとき、この待ち時間は体感的にかなり長くなるでしょう。

お湯を先につくっておいて水筒に入れておくのも良いアイデアですが、一手間入ることでやることが増えるだけ。
ただ保温性の高い水筒は持っていると外出時などに便利ねすよ。

最後に実は電気ポットでも待ち時間ゼロでお湯を使えますよね。
確かにそのとおりですが、ウォーターサーバーなら次に紹介するポイントとの合わせ技で電気ポットよりも効率的に使えるんです。

湯冷しもすぐに用意できる

2つめの時短ポイントはすぐに冷水も使えるところです。
ミルク作りはまずお湯で溶かした後、赤ちゃんの飲めるように湯冷しを使って温度を下げる必要があります。

ミルクが溶けたら、温水コックのとなりにある冷水コックから冷たい水をそそぐだけ。
溶かして温度を下げるところまでをスムーズに完結できるところが、電気ポットよりも効率が上がる理由です。

わざわざ冷蔵庫から湯冷しを出してといった別の作業が無くなる分、時間を短縮できます。
繰り返しになりますが、本当にミルク作りに相性が良いですよ。

手順化しやすい

少し別の視点になりますが、使うモノとやることが少なくなることで、結果として簡単にできるようになります。
簡単なので手順化も容易にできます。

手順化すると何が嬉しいかと言うと、家族で誰でも同じようにミルク作りができるようなることです。
一度手順化すれば作るときの失敗も無くなりますし、作る時間短縮にもつながります。

ミルク、お湯、湯冷しの量さえ決まっていれば短い時間で赤ちゃんにミルクを届けられるでしょう。
赤ちゃんも早くミルクが飲めるし、あなたも作る時間を短縮できてまさにwin-winと言えますよね。

どこになにがあるのか、なにをどれだけ入れるのかを明確にしておくだけなので難しいことではありません。
まだミルクを使うタイミングでなくても、今後使う予定があるなら先に準備しておくのもいいでしょう。

夜中だったり、寒かったりすると少しでも作業を少なくしたいものですよね。

ちなみに哺乳瓶はピジョンの母乳実感(プラ)しか使わなかったですね。
これを複数買いが間違いないでしょう。

消毒には同じくピジョンの電子レンジスチームを愛用していました。
薬液消毒のケースになって便利ですよ。

時短以外にもメリットあり

ミルク作りを時短できることが魅力と長々と話してきましてが、そのほかにもメリットはたくさんあります。

たとえば単純にミルク作りだけでなく、家族の飲料水として使えます。
普段飲料水をまとめ買いしているのなら、買いに行く、運ぶ手間が無くなり、さらに冷蔵庫のスペースも空くでしょう。

逆にデメリットは月々の費用ですね。
月にどれだけ飲料水にお金をかけているかによりますが、月々の費用が上がるかもしれません。

とはいえ、買いに行く時間などを考えると、手間を無くすためにお金を払っていることになります。
その分浮いた時間を有効に使いましょう。

ミルク作りはウォーターサーバーで楽をしよう

あらめますと、ミルク作りにウォーターサーバーをオススメする理由は時短できるからです。
時短して楽をしようというメッセージを最後にお伝えします。

そもそもになりますが、ミルク作りって子育ての中のほんの1つの作業で、他にもやることが膨大にあるわけですよ。
だからミルク作りだけでも時短できれば、少しでも楽になるのではないかと思います。

ウォーターサーバーにはミルク作りを効率化できる機能が備わってます。
理由は先に述べたとおり。

だから、ミルク作りにウォーターサーバーをオススメします。
大変なことが多い子育てだからこそ、活躍してくれるでしょう。

オススメ : プレミアムウォーター



数あるウォーターサーバーのサービスの中で1つ推奨するならプレミアムウォーターですね。
理由は次の3つです。

  • ミルク作りに使える仕様である
  • 子育て世代に優しいプランがある
  • 実際に選ばれている

まずミルク作りに必要な仕様が揃ってます。
ミルク作りにおいては水質も重要で、ミネラルの少ない軟水であることが必須ポイントですね。

  • 70度以上の温度が出せる
  • ミルク作りに使える水質である

さらに子育て世代に嬉しいプランが用意されています。
出費がかさむ時間だと思うので、通常期価格よりお得に使えるは嬉しいですね。

妊娠中のママや5歳以下のお子さんがいるご家庭には「PREMIUM WATER MOM CLUB」というプランが用意されています。
サーバーレンタル、天然水料金割引に加えて、送料と初期費用無料となるので、是非利用しましょう。

最後に、実際に人気なんですね。
とくにママから選ばれており、「2020年度第12回マザーズセレクション大賞」、「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2021」「ママリ口コミ大賞」の3冠を達成しています。

※ウォーターサーバーも契約内容が複雑になっているので、3年契約であることや、解約等をよく確認してから登録しましょう。

プレミアムウォーターに申し込みする

ウォータースタンドも◎

ここまで話してきた内容はほとんど場合でウォータースタンドに置きかえられます。
大きく違うところは、天然水ではなくなることですね。

わたしははじめウォーターサーバーを使っていましたが、ウォータースタンドに乗りかえました。
理由はいくつかありますが、水を制限なく使えるところやボトルを交換しなくていいところが大きかったですね。

ウォータースタンドについては別の記事で紹介しています。
気になったらぜひチェックしてみてください。

前の記事
【発見】車検費用を安くする方法【比較して最適なお店を見つける】