【比較画像あり】パタゴニアバギーズショーツのサイズの選び方を解説します

こんにちは、おぐらです。
すっかり春になってきた今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私はリモートワークのおかげで深刻な運動不足に陥っています。
毎日の通勤でもそこまで歩くわけではないのですが、それでも通勤の有無で動く量は大きく変わりました。

深刻な運動不足でも食べる量は変わらず体重も右肩上がり、今年の夏は海に行けないではないかと不安になっています。
そんなことを考えていると早く夏の海に行きたくなりました。

夏といえばショートパンツが活躍するシーズンで、私はパタゴニアのバギーズロングを愛用しているんですけど本当に機能性が高くて便利なアイテムなんですよ。
軽くてすぐに乾きますし、水陸両用で暖かい季節には1枚持っておくと大活躍間違いなしのアイテムです。

ただバギーズロングを買うときに悩んだのが「サイズ選び」でした。
初めて買ったのは結構前の話なんですが、自分に合うサイズを選ぶのに時間がかかったように記憶しています。

サイズ選びが難しくなるのは、USサイズであることと、バギーズショーツとバギーズロングを混同してしまうからだと思ってます。
逆に言えば、この2点をはっきりさせておけば難しいことではなくなりますので、この記事ではUSサイズについてどう考えるのか、バギーズショーツとバギーズロングの違いは何なのかと言ったらところを深掘りしていきます。

この記事はバギーズショーツのサイズ選びについての記事です。
バギーズショーツをゲットして、最高の夏を迎えたい方は是非最後まで読んでいってくださいね!
メンズモデルをはじめレディースモデルやベビーモデルのについてもお話しします。

目次

バギーズショーツのサイズ選びで決めることは2つ

まずはバギーズショーツのサイズを選ぶ時に決めることを整理しましょう。
実は以下の2つだけなんです。

  • 丈の長さ(5インチ、7インチ)
  • 全体のサイズ(XS〜XXL)

正確には5インチはバギーズショーツ、7インチはとバギーズロングという製品名で、それぞれ別の商品になります。
丈の長さ以外は同じなので、タイトルではバギーズショーツとなっていますが、この記事ではバギーズショーツだけでなく、バギーズロングも含めたサイズの選び方をお話します。

決めることは2つだけと聞くとシンプルで簡単そうですが、その2つをどのように決めて行くかをここから詳しくお話しします。

丈の長さを選ぶ

まずは丈を決めましょう、ちなみに後で詳しくお話しますが、7インチはメンズにしかないのでメンズモデルを買わない人は無視してください。
二者択一なので全体のサイズ選びよりは簡単です。

5インチのバギーズショーツ、または7インチのバギーズロングのどちかを選びましょう。
差は2インチあり、1インチが約2.5センチなので、バギーズショーツの丈は、バギーズロングより約5センチ短いです。

選び方については、丈が長い方と短い方で、どちらが都合いいのかだけを考えて選べばいいです。
例えば私は長い丈のほうが都合いいので、7インチのバギーズロングをはいています。

理由としては、できる限り足の露出を抑えたいからで、コーディネート的な考えが強いです。
バギーズシリーズの性能にはとても魅力を感じているのですが、個人的にバギーズショーツの丈は短すぎるのでバギーズロング一択です。

例外的に水着だけの用途に絞るならバギーズショーツが使いやすいのではないかと思います。
丈短いほうが泳ぎやすそうじゃないですか?

重要なのは約5センチの差をどう考えるかで、用途や、望ましいコーディネートなどから逆算してみるとわかりやすいかもしれませんね。

5インチ(黒)と7インチ(緑)を横に並べた写真です。(黒、緑共にメンズモデルXSサイズ)
横に並べただけではあまり違いはわかりませんが、重ねてみるとどうでしょうか。
(シワが多い大変お見苦しい写真ですみません)

重ねてみると7インチの方が丈が長いですね。
5インチと7インチの差はこれくらいですよ。

サイズを選ぶ

いわゆるSとかMとかLの話なんですけど、冒頭でも書いたとおりパタゴニアはUSサイズなので、ユニクロでいつもLを買ってるからといってLを買うと失敗します。
さらにメンズはXS〜XXL、レディースではXXSからXXLと豊富すぎるサイズ展開により判断はより困難になります。

サイズ選びで1番確実なのは試着することなんですけど、そんなのはめんどくさい、インターネットで自分にピッタリのサイズを知りたいですよね?
とうわけでウエストと身長から最適なサイズを決めましょう。

パタゴニアのオンラインショップで具体的に確認できるサイズはウエストと股下で、ウエストはサイズによって数値の変化が大きく、ウエストが小さすぎると履けないのでまずはウエスト基準でサイズを決めるといいでしょう。
自分のウエストのサイズは自分で測るとか、持っている服のサイズで確認するとか、ゾゾスーツで計測するとか簡単に測れますよね。

ジャストサイズか、ゆったりめにはきたい方はワンサイズあげてもドローコードでウエスト調節することで問題ないでしょう。
股下はサイズによる差異が少ないので、あえて股下基準でサイズを選ぶ必要はないでしょう。

サイズ表記には目安の身長も記載されていますので、ウエストで選んだサイズと差がないかも確認してみましょう。
パタゴニアオンラインショップで「私のサイズは?」というリンクをクリックすると、いくつかの質問から最適なサイズを確認できる機能を使うことができるので、ウエスト、身長、サイズ確認機能を併用してサイズ選びの精度をあげることができます。

ちなみも私はXSもMももっていて、どちらもはくことができます。
経験上、多くの人はXS〜Mの間になるのかなと思ってます。

ではまたまた写真で比較してみてください。
メンズモデル7インチのXSサイズ(緑)と7インチのMサイズを横に並べた写真です。
XSサイズとMサイズでは横に並べているだけでもひとまわり大きく感じますね。

続きまして重ねた写真です。
丈は変わらずに、ウエストだけ大きく変わっていることがわかりますでしょうか。
サイズアップはウエストについて考えるだけでいいですね。

大は小をかねる

サイズダウンすることは難しいですが、サイズアップは簡単です。
繰り返しになりますが、私はXSもMもはいています。

私の場合、丈が7インチであれば、あとは問題なくはくことができたらそれでいいのです。
問題というのはウエストが大きすぎて、動くと脱げてしまうなど、衣類として機能しないとかそういうことです。

例えばですけど、サイズ感に強いこだわりがなければ、シビアにXSかSかで悩む必要もないように思っています。
かなり細身の方には難しいかもしれませんが、ドローコードである程度は調整しすることができます。

7インチはメンズだけ。レディースでは丈の短いアイテムもあります

丈の長さを選ぶのところでお話したとおり、7インチはメンズにしかありません。
パタゴニアでは定番アイテムを、性別や年齢別に展開していて、例に漏れずバギーズショーツもメンズ、レディース、ボーイズ、ガールズ、ベビーの全てあります。

基本的には同じ形をしていますが、レディースには、より丈の短いアイテムも展開されていますので、レディースを検討している方はそちらも一度見てみてはいかがでしょうか。
そのほかにも、メンズにはメッシュのライナーがあるけど、レディースにはないなどの違いもありますので、選ぶときのポイントになるかと思います。

我が家ではサイズアウトしましたが子供用のベビーも持っています。
家族でお揃いにできるところもバギーズショーツの魅力ですね。

レディースモデルS(ネイビー)とメンズモデルXS(黒)を横に並べた写真です。
サイズが異なるため正確な比較にはなりませんが、レディースモデルとメンズモデルの形の違いをなんとなくわかっていただけるかと思います。

同じ5インチでもレディースモデルは股下が短く、裾の角度も大きくなっています。
妻はメンズモデルとレディースモデルを両方持っていて、用途に応じて使い分けています。

部屋や街着などでゆったり目に着たい時はレディースモデルを、フェスなどアクティブに動く時はメンズモデルを着用しています。
妻曰く、メンズモデルのメッシュインナーはパンチラ防止効果が高く、体操座りをしても安心とのことです。(笑)

こちらはベビーモデルの6-12Mサイズで、我が子は昨年の春から秋前まで着用していました。
月齢でいうと7〜12ヶ月でさすがにサイズアウトしてしまいました。
私が買ったシーズンは柄物しかなかったのですが、今シーズンから無地モデル販売されたので次は無地を買おうかと思っています。

ベビーモデル、レディースモデル、メンズモデルを並べた写真です。
家族みんなではけることもバギーズショーツの魅力ですね。

サイズ選びの要点を抑えてサクッとバギーズショーツをゲットしましょう

意外とバギーズショーツのサイズ選びはシンプルだったと思いませんか?
サイズ選びは絶対に失敗したくないところですが、サイズ選びに長々と迷っていることはできません。

なぜならバギーズショーツはパタゴニアの大人気アイテムで、売り切れてしまうリスクがあるからです。
しかも、需要はXSやSに片寄り、人気のサイズから先に無くなっていきます。

欲しいカラーのサイズがないから買うことをあきらめる、なんて結果は1番悲しいと思うので、サイズをサクッと決めて好きなカラーのバギーズショーツをゲットしましょう!

バギーズショーツを是非はいてみてください

とにかくバギーズショーツは履いていて楽ですし、軽くて速乾性ととにかく素晴らしいアイテムなので、気になっている方は一度体感してもらいたいですし、すでに持っている方はもう一枚どうでしょうか。(複数枚持っていると毎日履けます)
便利なアイテムは複数持っていたい感覚あるじゃないですか?
バギーズショーツはまさにその便利なアイテムなんです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
バギーズショーツと同じくパタゴニアの定番人気アイテム「レトロX」についての記事もありますので、是非チェックしてみてくださいね!

【具体例あり】パタゴニアレトロXの偽物のみわけかた【判断基準を持つ】

【パタゴニア】レトロXを買う前に注意すること【サイズ感比較あり】

ベビー・レトロXのサイズの選び方【大きめを買うのが無難】

前の記事
子育てには子供に関する本が役立ちます。【オススメの本も紹介】
次の記事
【0~1歳半】ストローマグの比較と感想【オススメあり】