【経験談】1日ファスティングに失敗した話【体調を崩す】

こんにちはおぐらです!
お盆時期はついつい過食になってしまいます。

そこで胃や腸を休めるため、1日ファスティングに挑戦してみました。
今回は経験談をお話したいと思います。

ファスティングといえば酵素の~とか見ますが、今回はお水またはカフェインレスのお茶のみで行っています。
1日ファスティング気になる方、そして失敗したくない方はとくに見ていってください。

目次

ファスティング失敗談(1日でもハード)

「胃や腸を休めるのに1日ファスティングがいいのではないか」という仮説のもと実施しましたが、見事に失敗しました。
結論としては気軽にやるには1日でもハードなので、毎日の食事を食べすぎないように律するのが一番有効であるとわかりました。
数日やっている人はあれですか、仙人かなにかなのでしょうか?

ハチャメチャに体調を崩した

血の気が引くような感覚や、冷や汗が出るような状態になってしまったので、中止してご飯を食べ早く寝ました。
もともと寝不足の時などに同じようになる体質で、今回も同様の症状が出てしまいました。
ですので、体調に不安のある人はやらないほうがいいと感じました。
最悪事故などにもつながる恐れがあるので要注意です。
妻は体調に問題はないと言っていたので本当に人によるのでしょう。
次の日には無事に回復しました。

 食べないと動けない

言葉通り、ご飯を抜いている状態では思うように動けませんでした。
実際には動けるのですが、体も気持ちもどこか重たい感じです。
食べないとエネルギーを得られないことを身をもって痛感。
体調に似ているところですが、精神的にも作用していたので別でお話させていただきました。

1日未満でも全然食べられなくなる

夕食は驚くほど食べることができませんでした。
途中で断念したので、夕食は体に急に負担をかけないようにお粥にしましたがすぐにお腹が膨れてしまいました。
次の日も起きたときにはまだ消化しきれていない感じもありました。
時間にすると18時間くらいでしたが、それだけでも全然食べられなくなることがわかりました。

思ったより食事にかけている時間は多い

ご飯を抜いているので、作るのと食べる時間が要らなくなります。
なにも予定のない日であったせいかご飯に使っていた時間がないだけで、時間を長く感じ持て余してしている感覚でした。
思っている以上に、普段ご飯に使っている時間が多いことに気づきました。
そしてスマホもテレビもどこを見ても飯テロを仕掛けてきます。
ファスティング成功の秘訣はすべてをシャットアウトして寝ることにありそうです。

ファスティング失敗しないように準備しましょう

今回1日くらいならと試しでやってみて失敗しました。
たとえ1日でも体への負荷は大きいので、計画と準備をしてからファスティングすることをオススメします。
もちろんわたしみたいに体調に不安のある方はやめておいたほうがいいでしょう。
目的に対してファスティングしか手段がないことはないと思います。
今回失敗して、体調を崩す可能性があるとわかったので、もうすることはないと思います。
失敗したなりに自分が「食べないとどうなるのか」や、「食べること」の重要さを学ぶことができたいい経験となりました。

本気のダイエットならジムがオススメ

食事を抜く方法を実際に試してみて、連日ファスティングするのは仙人しか無理だと感じました。
素人が身体に負荷をあたえる行為を自己判断で行うことが危険と言えるでしょう。

このため、本気でダイエットするならプロに頼むのが一番手っ取り早くて間違いないですね。
たとえばライザップなどは芸能人の方もよく使っており結果もでています。(相談は無料)

プロが根拠に基づいてトレーニングしてくれるので、安全であり安心です。
またジムなどに通うのであればモチベーションの維持もしやすですね。

わたしの知人も専属トレーナー付きのジムに通い10kg以上の減量に成功していました。
ライザップでは現在暗闇ダイエットや、ホットヨガもあるようです。

無料カウンセリング受付中/ライザップ

RIZAPの食事と運動をこの価格で【暗闇ダイエットEXPA】

RIZAPプロデュース【ボディメイクホットヨガLIPTY】

前の記事
【2020新色】パタゴニアレトロXをレビューした【旧モデルと比較あり】
次の記事
【お家で簡単】レトロXの洗濯方法【メンテナンスできます】