【具体例あり】パタゴニアレトロXの偽物のみわけかた【判断基準を持つ】

こんにちはおぐらです!
前回パタゴニアのレトロXについて記事を書きましたが、今回も同じくパタゴニアのレトロXのお話です。

パタゴニアのレトロXは、他のメーカーからもレトロXと見間違えるくらいのレトロXインスパイアが発売されているほど人気アイテムです。
この記事を見にきてくださった皆さんもよくご存知でしょう。

そんな人気アイテムだからこその悲しい現実を知り、ショックで悲しい気持ちになりました。
タイトルにあるとおり、今回はレトロXの偽物についてと、個人的な偽物のみわけかたについてお話ししていきます。

この記事はこんな方にオススメです。

「レトロXは偽物があるか知りたい」
「レトロXの偽物をみわけたい」
「レトロXをフリマサービスやオークションで買おうと思っている」

パタゴニアのファンとして少しでも自分でもできることはないかと思いこの記事を作成しました。
ではさっそくまいります。

目次

パタゴニアのレトロXは偽物が売られている!?

きっかけはとあるフリマサービスを使っていたときでした、レトロXが販売されているのはごくごく普通の光景なのですが、商品画像を見たときにふと違和感を覚えました。
気になった私はレトロXのみを検索し色々と調査し、そして結論にいたりました。

「レトロXの偽物が売られている…」

悲しいことに怪しいと感じたのは1着のみではありませんでした。
私は長年パタゴニアのファンで、レトロXもこれまで何着か着てきましたが、個人的に中古品(新品未使用)などで販売されているレトロXの画像などを見る限り、レトロXの偽物が売られているのは確実だと思います。

偽物を販売することは犯罪なのでショックであり悲しみも大きいです。
しかも売り切れになっているので、偽物を買っている人がいることもわかりました。

ここからは偽物をみわけるための判断材料を詳しくお話しします。

この記事で使用しているレトロXの画像は正規店で購入した私の所有しているレトロXを撮影したものです。

個人的レトロXの偽物の判断材料

ここからは個人的なレトロXの偽物を見分けるための判断材料を具体的にお話ししていきます。
確実もアウトのものもあれば、決定打にはならないが怪しいなど様々です。

これまでレトロXを着てきた経験からできる限りの情報をお伝えしていきますので、ぜひ最後まで読んでいっていただけますと幸いです。

 

背面のライン

まず背面にラインが入っていないものは偽物です。
レトロXの背面にはラインが入っているのですが、あろうことかレトロXを名乗っているにも関わらず商品画像の背面にはラインがないものが売られています。

私が違和感を覚えたきっかけが背面のラインでした。
確実にあるものがないので、非常にわかりやすいですね。

メンズ、レディース、キッズ、ベビーどれもラインが入っていますが、モデルごとにラインの入り方は違うのでオンラインショップなどで正しいものを覚えておきましょう。
ちなみに2000年ごろのレトロXも持っていましたが昔から背面のラインはありました。

 

ラインがあれば正規品ということではない

ラインの無いものは偽物であるとお話ししましたが、ラインがあったとしても正規品であるとは言えません。
ですので、ラインがあるのはあくまで一つのファクターとして、くれぐれもそれだけで最終的な判断をしないように気をつけてください。

あとでお話ししますが、正規店以外では売られている商品の画像が使われている保証がありません。
背面のみ正規品の画像を使われたら判断することは無理です。

 

レトロXの裏地が白すぎる、作りが雑

続いては裏地についてお話しします。
レトロXの裏地は暗めのベージュであることを覚えておいてください。

私が怪しいと感じたものは裏地が限りなく白に近い色をしていて、ナチュラルのボアの色よりも白に近いものでした。
本物を見るとわかりますが、ボア(ナチュラル)の色より裏地が明るくなることは考えにくいので、裏地が異様に明るいものは怪しいと思っています。

またあまりにもわかりやすく裏地が雑につくられているものも見つかりました。
外からは見えない部分なので作りが雑になっているようです。

 

パタゴニアのタグ

パタゴニアの製品タグにもヒントが隠されていることがあります。
首のあたりに付いているメーカータグのことです。

このタグのなかでもよく見ていただきたいポイントがあるので詳しくお話しします。

 

襟のタグの®マークに注意

襟にありますタグのPatagoniaの文字右上の®マークですが、最近のレトロXの場合はRの文字がつぶれているのか・に見えます。
正規店購入の2018年と今シーズンも店頭で襟のタグを確認しましたが、どちらも鮮明な®の文字ではなく限りなく点(・)に近いマークでした。

このことから2018年や今シーズンのモデルで、襟タグの®マークが鮮明なRのものは要注意です。
はっきりとRと読める写真の場合は先に書きました裏地の色にも注目してみてください。

2020/1/15追記

胸ポケットのタグははっきりではありませんがRと読むことができるので、私は胸ポケットを判断材料として使いません。
胸ポケットのタグで判断することは難しいので襟のタグに注意してください。

 

サイズ表記タグが異なる

続いてはメーカータグのすぐ下についているサイズ表記タグです。
サイズ表記のmade inの部分が無い、mad inの字が気持ち大きい、サイズ表記のフォントが異なる、サイズ表記とmade inの余白が狭い..etcと 様々なパターンが存在しています。

タグによる判断は本物と比較するのが一番です。
アイテムや発売時期よってタグも変わりますが、ぜひ正規店で本物を見たり、インターネットでパタゴニアのタグについて調べてみてください。

 

同じ画像が使い回されている

ありえないのですが、それぞれ別のレトロXに同じ画像が使われていることがあります。
こういった場合、本物の画像を使うために無断転載している可能性が考えられるのでかなり怪しいです。

さらに出品者が異なればますます怪しくなります。
そもそも本物の画像を使われていたら画像だけでは判断できなくなるのですが、他のレトロXでも同じがつ使われていないかをチェックしてみるのは一つの手だと思います。

 

判断材料は画像だけにあらず

ここまでは見た目での判断材料をお話ししてきましたが、そもそも画像をいつわっているのであれば判断しようがないと思われたのではないでしょうか。
ほとんどの場合、商品の見た目で判断を行うのでまさにその通りなんです。

しかしながら、個人的に画像以外でも怪しいかを判断できる材料はある思っているので、簡単ですがお話しします。

まずは価格からの推測する方法です。
レトロXに限った話ではありませんが、フリマアプリなどでの価格はある程度相場があるので、相場から大きく乖離している(特に安くなっている)ものは怪しいと判断します。

ただしアイテムの状態によって個人の感覚には差が出やすく、相場の判断がしずらいことから新品未使用に限り有効な方法だと考えています。
フリマアプリはスピード勝負になるので、新品未使用で他の同じ商品より価格が安いとなればすぐ買いたい気持ちになると思いますが、一旦落ち着いてください。

上述した価格の内容に加えて、取引実績が少ない(0や1)など場合は避けます。
これは取引実績が少なければ怪しいというわけではないので誤解しないようお願いします。
だれでも始めたばかりは取引数0です。

そのほかにも説明文が曖昧である、質問の回答が明確ではなければ買うのは見送ることなどもあります。
質問に関してはより具体的な回答を得られる様に質問を工夫するのもポイントです。

フリマアプリやオークションは個人間のやりとりなのでコミュニケーションをうまく取れない方とは取引は避けるべきです。

 

2020/1/7追記

左右ポケットのファスナーの色が違う

新たに怪しいアイテムを発見したので追記します。

2017年〜2019年のメンズナチュラルカラーは左右ポケットのファスナーのエレメントとテープ部分が白に近い色ですが、黒いものが売られていました。
左右ポケットにも注目してみてください。

 

偽物のパタゴニアレトロXに気をつけてください

ここまで長々とお話ししてきましたが、最低限パタゴニアのレトロXは偽物が売られていることがあるという事実を知っていただきたいです。
それだけ知っていだたけるだけでも、この記事を書いた意味はあったかなと思います。

そして偽物が売られていることを知った上で、被害者にならないために自分自身の判断基準を持つことが重要です。
私自身の判断基準をいくつか紹介しましたが、最終的な判断は自分のみによって行われるからです。

そしてもし可能であれば、中古で買おうと思っていても一度本物を見てください。
百聞は一見に如かずとも言いますし、本物を知ることで比較、判断の精度もあがるでしょう。

正直この記事を書くかとても迷いました、この記事を見た偽物を売る側が、改善をしてくる可能性があり、いたちごっこになりそうだからです。
しかし、あまりにも現状がひどいと感じ、少しでも偽物が売られている事実を知っていただきたい、被害を無くしたい思いでこの記事を書きました。

個人的な見解ですが、2019年のモデルに関しましては現状メンズモデルのナチュラルカーキペリカンで怪しいものが売られています。
十分注意してください。

この記事がこれからレトロXを買う方や、偽物かどうかで悩んでいる方の一助となれば幸いです。

 

レトロX関連記事あります

レトロXについて他の記事も買いているのでレトロXを買おうと考えている方はこちらの記事もオススメです。
興味のある方はぜひ見ていってください!

【パタゴニア】レトロXを買う前に注意すること【サイズ感比較あり】

ベビー・レトロXのサイズの選び方【大きめを買うのが無難】

レトロXと同じくパタゴニアの定番人気アイテム「バギーズショーツ」の関する記事もありますよ。

【比較画像あり】パタゴニアバギーズショーツのサイズの選び方を解説します

前の記事
【パタゴニア】レトロXを買う前に注意すること【サイズ感比較あり】
次の記事
【マップあり】郡上踊りの駐車場を完全攻略する【おもな駐車場27箇所】